上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Greek Who Stole Christmas (Diamond Brothers, The)The Greek Who Stole Christmas (Diamond Brothers, The)
(2008/09/11)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:17157

Diamond Brothersの7巻になります。
既刊の最終巻になります。これでシリーズ終わりかな?と思います。

クリスマスまであと2週間、2人の兄弟の手元にはわずかなお金しか残っていません。
この調子でいけば最悪のクリスマス・・・。
そんなある日、Timの探偵事務所に依頼人がやって来ます。
話を聞くと有名なシンガーのMinervaのマネージャーという。クリスマスのイベントのためにロンドンにやって来たが、彼女を殺すと書かれた脅迫状が届いたというのだ。
身辺警護と犯人を捕まえるため・・・。

今回もNickの冴え冴えの頭脳全開といった形で事件を解決に導きます。
Timのボケっぷりも最後まで全開でした。
最後なんだからもうちょっとカッコよくしてあげればいいのに・・・。(苦笑)

間に絵本や和書を挿みましたが、2巻から続けて読んでみました。
個人的には他のとちょっと違った雰囲気の6巻の「 Know What You Did Last Wednesday」が面白かったと思いますが、2巻の「Public Enemy Number Two」も捨てがたい。
ネタばれはありませんが、ところどころ前作の話が出てきたりもするので、「クククッ」と笑いたかったら1巻から順に読んだ方が面白いかも・・・です。
もちろん順不同で読んでも十分に楽しめます。
スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。