上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The French Confection (Diamond Brothers Story)The French Confection (Diamond Brothers Story)
(2003/01/06)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:15000

Diamond Brothersの5巻になります。

2年ほど前に読んだ本なので再読になります。
15000語なのに結構な部分をすっ飛ばしていたようです。(苦笑)

当時はTimのおとぼけがピンと来てなかったのですが、しっかりもののNickとTimとのかみ合わない会話とか、細かい部分もちゃんと拾って読めているようなので、一応2年の多読生活での成長もあるんだ・・・と感じる一方で、2年の成長ってこんなもんか・・・とちょっと落ち込む部分もあります。


英語の再ちゃれんじを・・・と思って始めた多読ですが、すっかり学習部分は抜け落ちてただ読書を楽しんでいるだけになっています。 
この本を読んだ当時のことをはっきり覚えているわけではないのですが、今回再読をしてみて、当時よりは語彙は増えてはいると思うんです、飛ばす部分はかなり少ないので。
しかし、多読の悩ましいところは語彙の増加がなかなか感じられないところですかねぇ。
そんなふうに感じてはいても、多分今のスタイルは変わらないと思うので、1000万語、2000万語と積み重ねるうちに増えるかなぁ?とのんびり構えている私もどこかにいたりもします。

と、ちょっと独り言をつぶやいてみました。
スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。