上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blurred Man (Diamond Brothers)The Blurred Man (Diamond Brothers)
(2007/06/04)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:16000

The Diamond Brothersの4巻です。

Timのところにアメリカ人の依頼人Caterが訪れる。 
長年文通で交流していたLenny Smileが運営していたDream Timeという恵まれない子供の支援機関に多額の出資をしていたCaterだった。
彼に会いにイギリスを訪れる事が決まり空港で会うことを約束したのだかその日に彼は現れず、数日前に事故で亡くなったことを知らされる。
さらに突然機関を閉鎖すると言うことも知らされ不審を抱いたというのだ。

捜査費用の前金をもらったTimとNickは飢餓状態を解消するべく(笑)さっそく食事に出かけ、そして捜査を始めることに・・・。

1?3巻と比べると1/3ほどの長さしかないのですが、謎解きあり、アクションあり、濃い内容で十分に楽しむことが出来ました。
Timのボケっぷりも楽しいです。(笑)

以前5巻を読んだことがあるのですが、SSSの書評は4?6巻の方がYLが低くなっています。
しかし、私は語彙レベルにさほど差は感じられないし、長さが気にならずに読めるのであれば1?3巻も同じ様くらいのレベルかと感じました。

4?6巻までのお得な合体本はこちら↓

Three of Diamonds (Diamond Brothers, The)Three of Diamonds (Diamond Brothers, The)
(2005/05/05)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。