上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harvey AngellHarvey Angell
(2003/03/25)
Diana Hendry

商品詳細を見る

YL:5.0?5.5
語数:30000(概算)

両親が交通事故で亡くなり、下宿屋を営むAgathaおばさんに引き取られたHenly。
けちで厳しいおばさんの下で暮らすことは楽しいことはひとつもありません。
屋根裏部屋を借りていたパン屋で働くMr Murgatroydがおばさんと折り合いが悪く出て行ってからは食事もひどいことになってしまいます。
唯一の慰めは荒れ放題の庭で元気よく花を咲かすタチアオイだけです。
そんなある日、空き部屋にHarvey Angellという風変わりなちょっと怪しい青年が住むことになります。
そして楽しい事の何にもない下宿屋に変化が。
 
人と心のつながりを描いたハートウォーミングなお話です。
???続きで読んでいたのですが、最後になって?だったところがこういうことだったんだと気づきました。(苦笑)
もう1回読むともっと楽しめるかも。
時間を置いて再読したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。