上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Small Town Christmas: Return to Promise / Mail-Order BrideSmall Town Christmas: Return to Promise / Mail-Order Bride
(2008/11)
Debbie Macomber

商品詳細を見る

Return to Promise / Mail-Order Brideの2話収録されています。
少し前に読んだHeart of Texasシリーズの話が1話とSilhouette booksというシリーズで20年ほど前に書かれた話が1話の構成になっているそうです。
本の冒頭に作者からのメッセージでクリスマスの話を2話収録したという上で、上記の説明書きがありました。
表紙に惹かれて買った本です。
最近絵本漬けなので後半の話だけ読んでみました。

Return to Promise
(未読)

Mail-Order Bride
YL:6.0?6.5
語数:40000(概算)

結婚直前で婚約破棄になり傷つき沈んでいたCarolineを心配した大叔母2人はアラスカ行きの旅行をプレゼントしてくた。
10月のアラスカが旅行に適したシーズンとは思えないながらも、心配してくれた大叔母たちをがっかりさせたくなくて行くことに。
実はアラスカ在住の男性の花嫁募集広告にCaroline内緒で応募していた旅行だったのだが、知らずに旅立った。
フェアバンクスからその先の小さな町に行くためのセスナに不安を感じアルコール入り紅茶を飲んだCarolineは酔ってしまい夢うつつの状態で理解出来ないうちに結婚式をあげてしまうことに・・・。


アメリカ式お見合いのようなもんですかねぇ。
以前読んだ児童書でも新聞広告でお嫁にいった・・・という話読みました。
行方不明の子供を捜すのにミルクのパッケージにプリントしてあったり、日本とは事情が少し違うんだなぁと感じます。
話を本に戻すと、紆余曲折あってもハッピーエンドで終わるのがこの手のロマンス小説の良いところですよね。時代劇とは違うけど水戸黄門的で安心して読めます。
スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。