上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Giver (Readers Circle)The Giver (Readers Circle)
(2002/09/10)
Lois Lowry

商品詳細を見る

YL:6.2
語数:43139

長々とお借りしたままだった本なのですがやっと読みました。
少し難しかったので翻訳本と共にシマウマ読みです。

すべてが完全にコントロールされている世界。
悩みも痛みもすべて取り除かれ、感情さえもコントロールされている。職業、家族など人生でさえもすべて国家から与えられているのだ。
12歳になると職業が与えられ、見習いとして仕事に就く。
主人公ジョナスは12歳の儀式の日、「記憶を受け継ぐ者(レシーバー)」を任命され「記憶を伝える者(ギバー)」のところに特別な訓練を受けに行く。
ユートピアで唯一過去の記憶のすべて、痛みや悲しみ、怒り、苦しみ、喜び、愛など受け継ぐのだ。
記憶を受け継いで行くうちジョナスは疑問を抱き始め・・・。

ストーリーは評判どおり面白かったと思うのですが、似てるんですよね、ストーリーがあれに・・・。
SFではよくある設定だとは思うのですが・・・。

翻訳本のあとがきにLois Lowryは敗戦直後の日本に家族と共に3年間駐留軍家族専用の住居地域で過ごしたことがあり、直接接触を持つことはなかったそうですが、言葉も分からぬまま外の世界(日本の町)を自転車でうろうろしていたそうです。
そのときの経験がヒントのひとつになりこの物語を書いたということらしいのですが・・・。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。