上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kids\' Cat BookThe Kids\' Cat Book
(1979/10)
Tomie dePaola

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:1270(カウント)

里親を探しているTwinkleおばあちゃんのところを訪れた少年。
いろんな種類のネコがいるので、どんなネコがいいのか、とおばあちゃんが説明をしてくれます。
ネコの種類やその特徴、ネコにまつわる話や、飼い方など子供向けに易しく説明されています。

巻末に補足のような説明があって「tortoiseshell」とは?と思い辞書で調べたら三毛猫をさすようです。でも文章から黒い色でオレンジとクリームのブチが「tortoiseshell」で、白い色でオレンジと黒のブチが「calico」とありました。
私は「calico」の説明が三毛猫とじゃないかと思うのですが・・・。
どちらも雌しか生まれないと書かれています。

どっちにしても、パオラさんのかわいらしいイラストで、シャム、アビシニアン、アメショー、ヒマラヤン、日本ネコ(ジャパニーズボブテール)などきちんと描きわけられていてめちゃくちゃかわいいです。
古書でしか手に入らないようですが、図書館などでみかけたらネコ好きさんには超お薦めです。



うちの2号には人間の勝手な予定は通じず、今朝も5時半頃に起こしてくれましたとも。(涙)
なんとか粘ってもう少し寝ていようと思ったのですが、うるさくて寝てなんかいられませんって。(泣)
起こしてくれた2号はといえば、リビングで気持ち良さげに寝てます。(怒) (このクソネコ)
スポンサーサイト

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。