上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


最近TVといえば地上波ではなくCSの海外ドラマや映画ばかりみているのですが、珍しくチャンネルを変えてる時に相方がこの本のドラマを観始めたんです。
放送途中からだったのですが、面白くて見入っちゃいました。

映画化にもなった小説なのでさぞ面白いんだろうと、図書館で借りようと思ったのですが、文庫化されてからも1年ほど経つにもかかわらず予約数は40を超えてました。

読みたいと思うとどうにも我慢できず、昼休みに書店で買って来ました。
先が気になり、既に上巻もあと残り少なです。



追記---
翌日、20日に上下巻読了です。
面白かったです。
でも、上下に分けなくても・・・と思いました。
2冊で1000円はちょっと高いゾ。
映画とドラマ。
それぞれのHRで比べてみると、どっちかというとドラマのキャスティングのほうが原作のキャラクターに近いかなぁ・・・と感じました。でも中村トオルちょっとカッコ良すぎかな。


スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。