上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Now and Zen (Sass Students Across the Seven Seas)Now and Zen (Sass Students Across the Seven Seas)
(2006/09/07)
Linda C. Gerber

商品詳細を見る

YL:5.5?6.0
語数:44270

Students Across the Seven Seasという短期海外留学プログラムというシステムで日本にやってきたNoreli Tanakaという日系の16歳の女の子のお話。

両親の勧めで気の進まぬまま参加した今時の女の子でしたが、プログラムの後半京都に住む大叔父母の家に滞在中、大叔父から禅の教えをひとつ教わったことがきっかけですこしづつ変わっていきます・・・。

わたしには少しキリン読みだったのですが、話の舞台が日本ということと、テンポ良く話が進んでいくので楽しく読み進めることが出来ました。 

「Drop's Happy Reading Day」の雫さんが上手くあらすじを紹介されています。
雫さんの記事はこちら
YL、語数共に参考にさせていただきました。
スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌





雫さん、こんばんは。
話の舞台が日本だったのでなんとか読めた・・・ってところもあるので、買い足した2冊はちょっと足踏みしてます。(苦笑)
私は、京都大好きで何度も旅行に行った場所だったし、外国の人の目から日本いうのも新鮮に感じられました。

一緒に体験するつもりで、ガイドブックでも見ながら他の本読んでみるのもいいかも。(笑)

それから・・・。
どっちにしようか迷ったのがスウェーデンで買ったのはアイルランドとフランスでした。
失礼しました。
【2008/11/04 22:06】 URL | hanazo #-[ 編集]
hanazoさん、こんばんは!私もこのシリーズは難しかったです。日本が舞台ということで、助かりました。後半の京都の話は好きです。前半も東京の雑踏が感じられて面白いですよね。
【2008/11/04 21:03】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。