上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emily Windsnap and the Monster from the Deep (Emily Windsnap)Emily Windsnap and the Monster from the Deep (Emily Windsnap)
(2007/04/10)
Liz Kessler

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0
語数:42567

急に仕事が忙しくなってしまってなかなか思ったように読む時間がとれなくなってしまってます。
読まない日も多くて読了までに時間がかかってしまいました。

Emily Windsnapの2巻です。

1巻は自分が人魚だということを知ることになるのですが、普通の日常のシーンも多くあまり苦にならず読めたのですが、2巻は海の中のシーンや海上のシーンになってしまうので1巻よりちょっと読み辛かったです。

ハーフであること、海での出来事。
話の筋は違うのですが、2巻まで読んだ「Percy Jackson and the Olympians」シリーズの設定と似たところがあるなぁ・・・と思ったり。
こちらは主人公が女の子ということもあってドキドキハラハラ感は少し柔らかです。

あちらはギリシャ神話のエピソードが上手くちりばめられていましたが、こちらはローマ神話での呼び名でネプチューンが登場したり北欧の伝承に登場するクラーケン、魔のトライアングル海域などが登場します。
でもそれが悪いと言ってるわけではなく楽しく読めました。



以下1巻のねたバレと2巻の簡単な冒頭のあらすじです。

人間と結婚した罪で囚われの身になっていた人魚の父を、会いたい一心でしたことだったとNeptuneに訴え秘密の島で3人で暮らすことを許されたEmily家族。
その島にやって来るところから話が始まります。
一緒に父を救い出す手伝いをしてくれ親友と呼べるShonaという人魚の女の子と、Shonaが友達になったという2人の人魚の女の子に島を案内してもらうことになるのですが・・・。

島には入っていってはいけないと言われてるところに「あなたたちはまだそんなこと知らないのだからちょっと覘いて来てどんなところだったか教えてほしい」と言われShonaと2人奥深くまで入って行きます。そして気づかずある封印を解いてしまい楽しい日々が待っているはずだったのですが・・・。
 





スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。