上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poppleton Has Fun (Poppleton)Poppleton Has Fun (Poppleton)
(2000/08)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

YL:1.2?1.4
語数:725

Poppleton in Fall (Poppleton)Poppleton in Fall (Poppleton)
(1999/09)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

YL:1.2?1.4
語数:757

Poppleton in Winter: Book 8 (Poppleton)Poppleton in Winter: Book 8 (Poppleton)
(2001/09)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

YL:1.2?1.4
語数:784

再読3冊を含め、一気にPOPPLETON6冊読みました。
どれもとっても素敵でした?。
以前読んだときもお借りしたものだったのですが、今回もご好意によりお借りすることが出来ましたので、再び読むことが出来ました。
ありがと??

シリーズ未読は1冊のみですが、7冊読んだ中でどれが一番よかったか・・・。
甲乙つけがたいのですが、私の一押しは「Poppleton in Winter」です。
どれも3話づつ描かれているのですが、寒い季節の話だけど心がほんわか温まる話でとっても気に入りました。
でも「Poppleton Has Fun」の中の「The Quilt」というエピソードが1番
Poppletonのともだち3匹といっしょにQuiltをつくる話なのですがなんともかわいいです。

毎回本を開く時の楽しみにPoppletonの住む町の様子が描かれている見開きのページがあるのですが、季節を感じられる町の様子やエピソードに関係する様子がちょこっとだけ描かれていたりします。

残念ながらシリーズのうち3冊は入手可ですが、今回のリンクの本は入手不可のようです。
古書であれば手に入るようですが、すごい値段が付いてます。(涙)
とっても素敵な本なのでとっても、とっても残念です。
合体本なんか出版されればいいのに??。

「Poppleton and Friends」
「Poppleton Everyday」
「Poppleton Forever」
この3冊は再読です。
過去の記事はこちら
スポンサーサイト

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌





ドラちゃん、こんばんは。

うふふ、先を越しちゃいました?

まあまあかなぁ・・・と思うエピソードもありましたが、何度も開いて読みたくなってしまうエピソードも多かったですよ。
ストーリーももちろん良いのですが、Poppletonはあのつっこみどころ満載のイラストが私は気に入ってます。(笑)


1冊だけ国内のWeb書店では新品が見つからなかったのですが、昨日Cynthia Rylantのあるシリーズを注文しました。
amazon.comや出版社のWebのShopにはあるのですが、送料を考えるとアマゾンのマーケットプレイスの古書でも値段的には変わらないのでどうしようか迷ってます。
 
 
【2008/05/21 22:21】 URL | hanazo #-[ 編集]
hanazoさん、こんばんは~♪

うひゃぁぁぁ~…先越されたぁぁぁぁぁ…(笑)

ドラはここ数ヶ月でCynthia Rylantの作品を集めているんですが、Poppletonだけは食わず嫌いで後回しになってたんです。

でも、そろそろ残りの作品が少なくなってきたので、このシリーズもあらかた入手して、そろそろ読もうかなぁ…と思っていたトコでした。

うぅーん…hanazoさんとは、何か気が合うのかなぁ…
前にもこんな事があったような…(微笑)

でも、まぁ、この辺のYLだと、ある程度本の幅は限られてるから、こんなモノなのかもしれませんね。
【2008/05/21 01:48】 URL | ドラちゃん #FDDq9IZE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。