FC2ブログ
Number the Stars Number the Stars
Lois Lowry (1990/09)
Laurel Leaf
この商品の詳細を見る

YL:4.5?5.5
語数:26108

第2次世界大戦中、ドイツの支配下にあったデンマークでの話です。
登場人物は架空の人物ですが、この本を書くにあたって、取材中に知った事実を登場人物に当てはめ書いた部分もあるそうです。

当時のデンマーク人の勇気ある行動が多くのユダヤ人の命を救った話を主人公の少女の視線で語られたお話です。
昔、アンネの日記を読んだことがあるのですが、読んでいて、とても辛くなったのを記憶しています。同じユダヤ人を題材とした話ではありますが、この話は最後に明るい未来が垣間見えるところで話が終わっています。

YLが私には若干高めだったので図書館で翻訳本を借り、ざっと目を通してから手に取ることにしました。
最近翻訳本を読んでから原書を読むパターンが多いキリン読みですが、YLはもう少し低いような気がします。とても読みやすかった。

面白い話でも楽しい話でもありませんが、出会って良かったと思える1冊です。


最近「並行読み」というのがちょっと出来るようになりました。
あっちではあの本をボチボチ、こっちではこの本を…てな感じです。
快適に読める和書を読むと多読出来なくなるんじゃないか…と不安で手に取れなかった本もシマウマ読みのおかげか抵抗なく読めるようになりました。
なんとなくゆとりが出来たんでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.