FC2ブログ
The Mediator 1 (Mediator) The Mediator 1 (Mediator)
Meg Cabot (2004/08/06)
Macmillan Children's Books
この商品の詳細を見る


最近翻訳本を読んでからキリン読みを・・・というパターンに味を占めて、せっせと図書館通いをし翻訳の児童書を読んでから原書といった形で何冊か読んだのですが、もうちょっと背伸びをしてみたくなりブックフェアだったかバーゲンだったかで手に入れたこの本にチャレンジしようと翻訳本を借りて来ました。
先に原書をさわりだけ読んであったので
「あれ、あれあれ?なんだか変・・・」
奥付を見てみると原書の題は「THE MEDIATOR Darkest Hour」とあります。
作者のメグ・キャボットはアメリカの作家。
私の持ってる本はUK版で表紙も副題のタイトルも違ってます。
でもいくら翻訳本でもココまで書き出しが違うことはないだろう・・・と思い、色々調べてみました。
で、結論は・・・。

理論社から1?3まで出版されている「メディエータ」は原書の4?6巻にあたるらしいです。
1巻の副題はゴースト、好きになっちゃった」
UK版1巻の副題は「Love You to Death」
これじゃ誤解しちゃうよね・・・。

その他集英社文庫から彼女がヤングアダルトのものを書く時に使っていたペンネーム「ジェニー・キャロル」の名前で2冊出版されていてます。
Wikipediaに出版された順番が載っていました。
順番は以下の通り。
気に入れば続編も読むかもしれないので翻訳本と一緒に記しておきます。
(原書の題はUS版)

1.MEDIATOR Shadowland(霊能者の祈り?集英社文庫)
2.MEDIETOR Ninth Key(呪われた転校生?集英社文庫)
3.MEDIETOR Reunion
4.MEDIETOR Darkest Hour(メディエータ?理論社)
5.MEDIETOR Haunted(メディエータ2 キスしたら霊界??理論社)
6.MEDIETOR Twilight(メディエータ3 サヨナラ愛しい幽霊?理論社)

となるらしい。
UK版は表題に通し番号がついてるのがほとんどなので順番はわかりやすいようです。

スポンサーサイト

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.