FC2ブログ
「りんごの木の下で」の紗香さんのBlogで見つけてからず??っと読んでみたいと思ってた本をやっと読むことが出来ました。
ネコ好きの私にはたまらないお話。読み終わるのがもったいないと思ってしまうほど。
まだ私にはレベルは少々高めだとは思ったのですが、読み飛ばしをしても主人公のネコSuzyの様子が頭の中で浮かんできてとても心地よく読めました。いくらか読んだ児童書の中でも話の中に一番入って行けた本だと思います。
一番のお気に入り、お薦め本です。
紗香さん、素敵な本の紹介をありがとうございます。

Suzyが入り込んだ大きなカゴは気球のカゴでした。乗ってる人がSuzyに気付いた時はすでに空の上。フランスからイギリスに行ってしまう。
飼い主の子供がかわいがってくれたことが忘れられず一生懸命フランスに帰ろうとする話。

The Cat Who Wanted To Go Home The Cat Who Wanted To Go Home
Jill Tomlinson (2004/10/30)
Egmont Books
この商品の詳細を見る


YL:2.5?3.5
語数:8000
スポンサーサイト



テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術





紗香さん、おはようございます。
最近簡単な児童書が読めるようになったのが嬉しくて、GRにはなかなか手が伸びません。
シリーズになってる他の本、紗香さんのBlogに紹介されているものはすでにチェック済みです。(笑)
巻末に紹介もされているので今度何冊か買って読んでみたいと思ってます。
【2006/08/26 09:18】 URL | hanazo #-[ 編集]
hanazoさん、こんばんは。
私も、少し無理かなと思いつつ
買ってすぐ読んでしまった覚えがあります。

これぐらいの本が読めると、自信になりますよね(^^)

ちなみに、他にもシリーズがあって裏表紙の
動物全て同じシリーズです。
まだ、私は全て読んでいませんが、シリーズを通して
思ったのは作者の温かい視点でした。

もしよかったら、他の本も読んでみてくださいね!
【2006/08/25 22:38】 URL | 紗香(すずか) #HLrqDUJ6[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.