上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日書いた「桃太郎」の明治の英訳本の続きです。

翻訳者の名前の検索から始まり、ズルズルと色んな情報を得ることが出来ました。
とりあえず多読に役立ちそうなものだけ記載しておきますね。

まず、「ちりめん本」とはなんぞや?というのを解説してあるところを紹介しておきますね。

関西大学図書館のHPです。
何冊かの画像と、読みやすいように画像の下に文章をタイプしてあります。
昔話以外のものもありました。

それと、「ちりめん本データーベース」というところも見付けました。
こちらは昨日読んだ日本昔話のシリーズを、英語、フランス語、ドイツ語、など全部で6カ国語が閲覧出来るようになっています。

こちら2つはスマホで・・・というわけにはいかないので、時間をみてボチボチ楽しみたいと思います。



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。