上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite
(2012/11/19)
Amazon.co.jp

商品詳細を見る


買っちゃいました~~♪

KOBOも持ってるしどうしようか迷っていたので、「実物を見てから決めよう」と販売してる家電量販店に日曜日行って来ました。
見ちゃうと欲しくなっちゃうんだよね。(苦笑)

amazonでは発送が来年になってしまう予定のようですが、量販店では在庫たっぷりというわけではなさそうでしたが一応在庫有りということで「これください。」と買っちゃいました。
amazonで購入するとアカウントの登録済みのものが送られてくるらしいのですが、量販店で買うと当然そんな設定は自分ですることになります。
問題は何もないですが、アメリカのアカウントも持っているのでどちらで登録しようか、統合しようかどうしようか迷った末、とりあえず日本のamazonに設定をしました。

手持ちのiPodはamazon.comのまま使うことにしました。
携帯をスマホにかえたらそちらを.comの設定でしばらくは分けて両方使えるようにしておくことにすることに決めました。

KOBOとの使い勝手の差はあまりありませんが、持った感じの重量感はkindleの方があります。
あと、スリープモードが継続しているのでkindleの方がスイッチONですぐ立ち上がってくるところがよいです。
バックライトが付いてるのでちょっと暗いところでも読めるのがうれしいですね。

どちらも重くなるのがいやなのでカバーを掛けずにそのままの状態で使ってます。
kindoleにはスキンがあるので、好みのスキンを見つけて貼るっていうのも楽しそうです。

とりあえず無料の本をいくつかと、易しいシリーズもののチャプターブックを1冊ダウンロードしてみました。
そうだ、同期もkindleの方が早いかな。

一番の違いは英和辞書が入ってるか入って無いかかも。
多読三原則っていうのは知ってるけど、まったくの否定派ではないので、無いよりあったほうがいいと思う。
少しづつ改良されてKOBOも付かないかなぁ~。
最近ちょっと円安傾向で、amazonの方が安い本が多い気がするかな。.comなら変わらないかなぁ~?

と、使用1日目の感想です。
積読本もあるし、読む本には事欠かない環境でありがたいことですが、もうちょっとゆっくり読める時間が欲しいものです。




スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。