上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Black Tower (Herculeah Jones)The Black Tower (Herculeah Jones)
(2007/11/08)
Betsy Byars

商品詳細を見る

YL:4.0~4.5
語数:24870


数日前に読了はしていたのですが、ブクログにデーターを入力したところで力尽きてました。
おまけに午前中に記事を書いていたのに間違えて消してしまって・・・。

お気に入りのシリーズだった「Herculeah Jones」もこれが刊行されている最後7巻めとなりました。
全7巻。手頃っていえば手頃。気に入ってしまうとちょっと短いかな。
作者のBetsy Byarsさん、ご存命なのですが80歳を超えたご高齢の上、HPを見るとここ5、6年は新しい本は書かれていないようです。

私立探偵の母のクライアントだったHunt氏は脳卒中で今ではまばたきでしか意思の疎通が図れません。そこへHerculeahは本の朗読に訪れるようになります。Hunt氏どうも何か伝えたいことがあるように思われるのですが、口うるさい側付きの看護士に邪魔をされ朗読以外に話す機会がないのです。
Hunt氏の住む謎の多いHunt mansion。毎度自分から謎に挑んで行くHerculeahなんですが・・・。
スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。