上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rendezvous with Rama: Intermediate (Macmillan Readers)Rendezvous with Rama: Intermediate (Macmillan Readers)
(2005/03/31)
Arthur C. Clarke

商品詳細を見る

YL:3.6~4.0
語数:24000

サクッといきたかったのですが、近頃テンション状態で、あまりにチビチビ読みすぎて、最後までノレずに終了です。

クラークの作品邦題「宇宙のランデブー」のリトールドです。
西暦2130年謎の物体が発見されRamaと命名される。小惑星だと思われていたのだが、その後探査機の映像から人工の建造物と判明する。
捜査隊が組織されRamaの調査が行われるのだが…。

といったストーリーです。
ジェントリー・リーという方と共著という形で2~4巻までシリーズ化されているらしいです。

SFは好きなジャンルなのですが、クラークの作品は1冊しか読んだことないんですよね。
映画化された「2001年宇宙の旅」のリバイバル上映があったので観に行ったことがあるのですが、前半あまりにもつまらなくてコックリ、コックリ…。
後半は面白かったのですが、難しい映画だ…っていう印象があって、クラークの邦訳本は触手が伸びなかったんですよね。
原書はまだまだ難しそうなので、今度邦訳「宇宙のランデブー」でリベンジしようかな。 
スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。