上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から11日が過ぎ、まだまだ余震は続いていますが、私の周りでは普段の日常が戻りつつあります。
スーパーなどからすっかり消えてしまった商品も少ないながらも並ぶようになって来ました。
先週16日には断水していた水道も復旧し、蛇口から水が出た時には「ありがたい」と思いました。
通勤途中の駅では、節電の為余分な照明が消され少し暗くなっていますが、不自由なわけではなく必要以上に明るかったのでは・・・と感じます。

当初、計画停電の範囲から除外されていた私の地域も逼迫した電力量から計画停電が行われることになりました。
初めて体験した計画停電は夜の7時頃から2時間ほどでした。
帰宅するのに最寄の駅から真っ暗だと危ないので、定時に仕事をあがらせてもらい自宅にて停電に備えていました。
前日に用意してあったもので夕食を済ませ、懐中電灯、ろうそく、ラジオ、携帯電話を手元に集めジッとしておりました。
テラスハウスとはいえ団地の中にあるので停電時は水道は止まってしまいます。
月あかりと、高層棟の非常照明が1時間ほど灯っていたので、真っ暗ではありませんでしたが非常に心細いものでありました。



多読な日々といえば・・・。

計画停電の為の間引き運転でいつもより混雑している車内では本を広げることも出来ない状態だし、なんとなく本を読む気分にもなれず、毎日同じオーディオブックを聞き流しております。
同じものを聞いていると、聞き逃していたところや分からなかった部分が少しづつ繋がって理解が増していってるかなぁ?と、気のせいかもしれませんが…。

のんきにブログなんて更新していてもいいものだろうか…とも考えたのですが、日々の暮らしの中で自分に出来ることを探して、ブログでは読み終えた本の報告をしたり、今まで通り続けて行けたら…と思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。