上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Graveyard BookThe Graveyard Book
(2009/10/05)
Neil Gaiman

商品詳細を見る

YL:6.0
語数:67048

やっとこさの今年1冊めの読了です。

まだ1歳半にもならない頃、両親、姉を惨殺された少年は、たまたまベッドを抜け出し墓地に迷い込んでいた為難を逃れる。
両親の霊が墓地の霊たちに子供を托し、Nobody Owens(通称 Bod)と名づけられ、霊Owens夫妻の養子となり、墓地の霊たちに守られ様々な教育を受けながら育っていきます。
しかし安全なのは墓地の中だけ、10数年経った今でも生き残ったBodの命を狙って所在を探しているJackたちの存在が・・・。

「ジャングルブック」が話のベースになっているらしいです。
ってか、ジャングルブックの話そのものをちゃんと読んだことないんですよね・・・。(苦)

けっこうてこずりました。
同じレベルのPBとかの方が断然読みやすいように思います。


スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。