上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も今日を含め2日で終わりとなります。
今年を振り返りたいと思います。

多読を始めて5年目、1000万語通過の年。
もうちょっと嬉しいもんかと思ったけど、なんの感動もなく・・・と9月の1000万語通過の報告にも書いてましたね。
日常では映画や海外ドラマを観たりするときに登場するだけの存在で、「無くても困らない」そんな存在だった英語。
今でもそれは変わらないけど、多読と出会って読書の幅が広がったことが続けていて良かったな・・・と思うことかな。
でなければ、この年になって絵本を読む機会なんてなかっただろうし、大人なPBを読みたいなぁ?と思っていたはずなのに、児童書にハマることも無かったでしょ。

と、いうことで、今年記憶に残ったお薦め本の紹介です。

まず絵本。
図書館で見つけて、「これは!」とお借りできる絵本を全部借りました。
新しい本の入手は今のところ難しいようです。
MysteryMystery
(2003/09/29)
Arthur Geisert

商品詳細を見る


児童書では以前から気になっていた本。
親子で読んでもらいたいなぁと思いました。
手を差し出す勇気も大事ですよね。
FiregirlFiregirl
(2007/06/01)
Tony Abbott

商品詳細を見る


あとは楽しいシリーズ。

こんなのとか、
The Percy Jackson and the Olympians, Book Five: Last OlympianThe Percy Jackson and the Olympians, Book Five: Last Olympian
(2011/01/25)
Rick Riordan

商品詳細を見る

私は待てずもUK版で最終巻を読みました。年明けにUS版が刊行されるようですね。

あんなのとか、
Ulysses Moore: The Door to TimeUlysses Moore: The Door to Time
(2006/01)
Pierdomenico Baccalario

商品詳細を見る

元の原書はイタリア語のようで、英語に翻訳されているのは今のところ4巻まで。原書は8巻くらいまで出てるようです。

それからこれも。
The Mediator 1: No. 1: Love You to DeathThe Mediator 1: No. 1: Love You to Death
(2004/08/06)
Meg Cabot

商品詳細を見る

私が持ってるのはUK版。US版共に1冊づつになっているのは入手が困難のものもあるようですが、昨年UK版の合体本が刊行されています。


既に読み終えたシリーズ。
まだ読み始めたばかりのシリーズ。
読み散らかして放置してあるシリーズ。
でもどれも面白くてお薦めなシリーズです。

他にも楽しそうなシリーズ見つけました。やっぱり児童書です。
来年も絵本に児童書。
マイペースでボチボチいきたいと思います。

ではみなさん、良いお年お迎え下さい。
来年もどうぞよろしくです。






  
スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。