上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maniac MageeManiac Magee
(2000/04)
Jerry Spinelli

商品詳細を見る

YL:5.0
語数:34975

以前ブッククラブで買ったJerry Spinelli本のセットの中の1冊。
彼の本を読むのはこれで3冊目ですが、どの本も主人公は廻りの人たちとは少し違った個性をもった少年少女になっています。
今回は孤児になった少年は引き取られた叔父夫婦の不仲を見ているのが嫌で家を飛び出ししまう12歳の少年が主人公。

ニューベリー賞受賞作なので既読の2冊と比べてちょっと期待して読み始めたのですが、黒人と白人の対立など史実では理解出来ても感覚的な部分でわからない・・・というか。
こんな子供は何処にも居ないだろうけど伝説にっていうほどでもないと思う。
私が日本人だからそう感じるのか?

セット買いしたのでまだ未読が6冊も残ってるんだけど、みんなこんな話なのか? う゛?ん・・・
スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌





コメントありがとうございます。
返信が遅くなり大変申し訳ありません。

宗教観とか人種問題とか、日本人が一番疎い問題ですよね。
【2012/03/31 23:09】 URL | hanazo #-[ 編集]
私もこの本は、なじめませんでした。口語表現の多い英語にちゃんとついていけていなかったというのが大きな理由ではありますが、テーマがなんかハマらないって感じでした。
【2012/03/24 14:49】 URL | ものぐさ父さん #NetUvL72[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。