上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相方には「え?」と拒まれそうだったので、4月から新中学生になる姪を誘って一緒に観て来ました。なので、今回は残念ながら吹替え版です。
19日公開の映画なので、多少混んでいるかと思って予約を入れてワーナーマイカルで観たのですが、座席は半分も埋まっておらずガラガラの状態でした。一応春休みの子供向けの映画なんですよね?

ダークファンタジーなんでしょうかね、ちょっと苦手なジャンルかも…ということで原書には手を出さずにいたのですが、映画はそれほどでもありませんでした。
話を読んだことがないので、はっきりとは分かりませんが、1巻だけの話なのでしょうか?
前半は展開がかなりゆっくりだったので、眠ってしまいそうになりましたが、後半は面白く見ることが出来ました。
姪曰く、「続きが気になる」と申しておりましたので、図書館で借りて読んでみれば…と勧めておきました。

先が気になる…のですが好みのジャンルではないので、原書を読むのは今のところ考えておりません。
図書館に12巻まで原書揃っているので読む気になれば読めるんですけどねぇ…。


そういえば…。
多読を始めた頃に丸善で本を買ったときにレジで「DARREN SHAN KOYASAN」という本をいただたことがあったのを思い出しました。
当時は「こんなのもらってもまだ全然読めん」と本棚の奥の方に突っ込んだんだった。
amazon.jpみつからなかったのでUKで探したら出てきました。
こちらです。
外伝らしく、さらに検索してみると翻訳版があるらしいです。
見つけた本はこちら↓

ダレン・シャン イン ジャパン (小学館ファンタジー文庫)ダレン・シャン イン ジャパン (小学館ファンタジー文庫)
(2007/12/15)
ダレン シャン

商品詳細を見る
 

もらった時は、「KOYSAN=高野山」には結びつかず、何のことやらでした。
せっかくもらったし、気が向いたらそのうち読んでみるかも…。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。