上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワーク電子辞書

少し古くて、2007年発売のものなのですが、「ネットワーク電子辞書」とかいうもんを買いました。
在庫処分品なのでしょう、衝動買いには手ごろなお値段で3999円でした。
売られているのは中古品として売られていましたが、メーカーのサイトをみると「非正規品にご注意下さい」とありました。まさしくそのものだと思われますが、一応問題なく使用できました。
日本語のちゃんとした説明書もありましたが、CDはコピーものでした。
「まぁ4000円だしぃ?」といったところです。

Mobipocket形式の電子書籍が読めるのと、各国のニュースを取り込めるというのに惹かれてしまいました。
目的のものが使えなくても辞書としては十分使えるだろう・・・と思います。
今のところ使い方を研究中です。

製品のHPはこちら

写真はスライドをさせたところですが、ニュースや電子書籍は閉じたまま簡単な操作で使えます。
Kindleは高いし、積読本もたんまりあるので購入を躊躇していたのですが、e-bookのサイトを眺めてみたらそこそこ読めそうな本もあるようでした。
Kindleのように読み上げはしてくれませんが、読んでる途中で英和、英英どちらでも調べることが出来ます。
まだダウンロードの購入はしてないのですが、amazon.comより安く購入出来る児童書とかも見つかりましたので、今度試しに購入してみようかと思います。
無料でダウンロード出来るものも少しあって、ピーターラビットの絵本とかもあったのでそちらを先にダウンロードしてみたのですが、液晶がカラーではないものの、一応絵も見られました。

ただし、バックライトはないので暗いところでは読めません。
正直、本の方が読みやすいとは思います。マスマーケット版ならそっちの方が絶対軽い!です。
どんだけ長い話でもコンパクトではありますが・・・。
びみょーなところです。
 

 
スポンサーサイト

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。