上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ice Mummy: The Discovery of a 5,000 Year-Old Man (Step into Reading)Ice Mummy: The Discovery of a 5,000 Year-Old Man (Step into Reading)
(1998/10/27)
Mark Dubowski、Cathy East Dubowski 他

商品詳細を見る

YL:1.8
語数:2385

昨夜テレビを見ていたら、丁度この本の「アイスマン」と呼ばれているミイラのことが少しだけ放送されていました。発見されてた場所のイタリアのチロル地方がテーマになっていたのですが、未読本でちょうど同じ話題の本を持っていたのを思い出し読んでみました。

最近の科学調査で新しい発見もあったようですが、この本は、ミイラそのものより発見された当時の話が話の中心になっています。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Calendar Mysteries #1: January Joker (A Stepping Stone Book(TM))Calendar Mysteries #1: January Joker (A Stepping Stone Book(TM))
(2009/12/22)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.2
語数:7788

早速Koboブックストアで購入したのがこちらの本です。

昨日書いた違和感は少し慣れてくれば気にならなくなりました。
kindleはまだ手にしたことがないのですが、以前家電量販店でsonyのreaderをさわってみた時、ページをめくる際黒く反転するのがすごく気になったのですが、Koboは、イラストがあるページは少し表示に時間がかかる感じはあるものの、文字のみのページはすぐに表示されるのでストレスなく読めます。
文字のフォント、大きさは好みのものに簡単に変えることも出来ました。

einkっていうのは紙の本とあまり違和感なく読める気がします。
重さも200g未満なので気になりません。せっかく軽いのでカバーをかけて重くなるのがいやなのでそのまま使用してます。
大きさも手ごろかな。これ以上大きくなるとちょっと扱いにくいかも。

さっさとKobo Touchを買ってしまいましたが、やっぱりKindleも使ってみたいので日本発売になったら買ってしまうかも…。

と、読了の報告がKoboの使用報告になってしまいましたので、本来の感想もちょっとだけ。

A to Zシリーズの3人組の弟妹といとこの4人組が主人公の新しいシリーズです。
カレンダーに添って話が進んでいくようで、今、8月くらいまで出版されてるのかな。

今回読んだのは1巻の1月の話。
A to Zの3人組もちょこっと登場しました。
初のKoboで読んだからなのか、いまひとつ話に乗れないまま読了です。
次の巻は買うかどうかちょっと迷うところです。



(2008/04/15)
John Grisham

商品詳細を見る

YL:5.0
語数:19180

結局読むことにしてしまいました。

映画は原作とちょっと違うようです。
こちらも面白かったのでお薦めですよ。

原書は比較的読みやすいらしい…ってどんなもんかわかりませんが、いつかチャレンジしてみたいものです。


そうそう、実は「Kobo touch」買ってしまいました。
なんとかセットアップも無事終わって、1冊易しい本を買ってみました。
明日は通勤時間にそれ読んでみたいと思います。
画面が大きいぶん「iPod touch」よりは読みやすいかも?
 
iPodのスムーズな動きに慣れているので、ちょっとKoboのページをめくる感覚に違和感があります。
しかし1回の充電で1ヶ月くらいもつらしいので、頻繁に充電しなくてはならないi Podよりは面倒じゃなくていいかな。

全部の本がそうなのかはわかりませんが、スリープモードにすると読書中の本の表紙が表示されるようです。
当然なんですが、白黒なのがちょっと残念。

さらなるKoboの感想は購入本の読了後に又しますね。
関連記事

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌


ザ・ファーム 法律事務所 [DVD]ザ・ファーム 法律事務所 [DVD]
(2006/04/21)
トム・クルーズ、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る


何年ぶりかでDVD借りて観ました。

映画も小説も観た事も読んだ事もないので、借りてきた…っていうことなんです。
もうドキドキハラハラですっごく面白かったです。
まだ観たことない人お勧めです、ぜひ~。
字幕で観たんですけど、ストーリーを追っていくのが忙しくて、英語なんてすっ飛んでました。(笑)

なんでこんな古い映画を…っていうには理由があって、AXNミステリーというCSチャンネルで、1ヶ月ほど前から原作のグリシャム監修でこの映画の10年後という設定のドラマが始まったんですよ。
番組のHPはこちら

やっと映画を観たので撮り貯めていた録画の1話を観ました。
大筋の展開を予想させる登場人物のせりふで1話めは終了です。
1話が長いんですよ。CMが1度挟まるだけで95分。観るのもちょっと大変なほどです。
しかし、先がとっても楽しみです。


原書で楽しめれば言うことないんですけど、ちょっと無理でしょうからこっち買って来てます。
これなら無理せず読めますもんね。
読みかけの本があるのですが、ちょっとお休みしてこっちから読もうかなぁ…。
"The Firm": Level 5 (Penguin Readers (Graded Readers))
(2008/04/15)
John Grisham

商品詳細を見る



関連記事

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



(2009/02/19)
Agatha Christie

商品詳細を見る

YL:4.5
語数:18985

ちょっと前にCSで放送されていたのですが、用があって最後まで見られなくて結末が知りたくて買って来ました。
クリスティ2冊目です。
1冊目はルビブックスで読んだのですが、今回はGR。
リトールドとはいえ十分に楽しむことが出来ました。面白かったです。
いつか原書で楽しんでみたいものです。

途中で見られなかった映画はこちら。
再放送がないかチェックしてみます。映画も最後まで観たい!

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2006/06/29)
アルバート・フィニー、ローレン・バコール 他

商品詳細を見る
関連記事

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌


Judy Moody & Stink: The Mad, Mad, Mad, Mad Treasure HuntJudy Moody & Stink: The Mad, Mad, Mad, Mad Treasure Hunt
(2010/04/27)
Megan McDonald

商品詳細を見る

YL:3.2
語数:7472

amazon.comでe-bookを購入しました。
6月中だけだったようなのですが、$1.99でとってもお安かったんですよ。
まだkindleはもってないので、kindle for iPod touchです。

日本のアマゾンでも「近日中発売」とメールでお知らせをしてもらえるように登録済みですが、既買したものが
日本で買ったkindleで読めるかどうかは気になるところです。
と、話がそれてしまいましたが…。

挿絵がカラーなんですよ、この本。
幸いいPod touchで読んだので、挿絵もカラーで見られました。イラストをクリックすると小さいながらも画面いっぱいにまでは大きく表示ができるので読みながらイラストもしっかり楽しませていただきました。

Judy Moodyのシリーズは Judy、弟のStinkそれぞれのシリーズと二人が登場するこの本と3シリーズがあるようです。手持ちにない本はまたダウンロードして読もうかな。まだまだ円高だし、紙の本を買うよりはちょっと安いもんね。


話は…。
宝探しのイベントに参加した二人。力を合わせて謎解きに挑みます。
作中に「Pirate Rules」というのが出てくるのですが、巻末にちゃんと10か条載ってました。

関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Shrink Rap (Sunny Randall)Shrink Rap (Sunny Randall)
(2010/05/07)
Robert B. Parker

商品詳細を見る

YL:7.0
語数:52184

読みやすいと評判のパーカー氏の本を古書で見つけたので買ってみました。

最後まで読めば、まあ面白かったかな…ってところですが、シリーズものはやっぱり初めから読んだほうがよさげです。

元警官だった主人公サニーは私立探偵を営んでいます。
あるベストセラー作家から別れた元夫からのストーカー行為に悩んでおり、出版記念のサインツアーに同行して欲しいと依頼があります。
精神科医である元夫に対する怯え方から何か深い事情があるとにらんだサニーは患者のふりをし探りはじめるのですが…。

シリーズ3作目らしいです。
探偵ものではあるので、その事件というか依頼の話が中心となって話は進んでいくのですが、主人公サニー自身のことがベースになっているので、サニーを取り巻く人間関係をちゃんと分かって読んだほうがより楽しめそうです。
シリーズものを単発で読むには以前読んだMichael Connelly氏の方が私は面白かったかな。

人気シリーズのようで、出版されてから時間も経っているので、探したら邦訳本もありました。
↓こちらです。


束縛―サニー・ランドル・シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)束縛―サニー・ランドル・シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2003/04)
ロバート・B. パーカー

商品詳細を見る


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。