上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の宅急便〈その4〉キキの恋魔女の宅急便〈その4〉キキの恋
(2004/03)
角野 栄子

商品詳細を見る


読み終わらなくて1回延長をお願いしたのですが、その期限も迫って来ました。
お天気もこんなだし、どこにも出かけないで今日は読書の日。
 
4巻はキキの17歳の夏から始まっています。
3巻で不思議な居候のケケのおかげ?で自分の気持ちに気が付きます。
しかしそれはお年頃のキキ、色々悩みは尽きないのです。
不思議な温かな出会いと共にキキもまた少し成長します。

未刊を含めてシリーズも残り2冊となりました。
毎度のことですが、先が気になるのですが終わりが近づくのもちょっと寂しいです。
スポンサーサイト

Guess How Much I Love You All Year RoundGuess How Much I Love You All Year Round
(2009/01/05)
Sam McBratney

商品詳細を見る

YL:1.0
語数:945(カウント)

ほんわか温かく、優しい気持ちになれる絵本です。
春はいろんなものが生まれそして育つ、夏はいろんな花が色とりどりに咲き乱れ、秋は落ち葉舞う野で跳ね回り、冬は雪が積もる中で・・・
と季節を楽しみ感じることが出来ます。

以前にBOX SETになって発売されていた本の合体本のようです。
来年の2月にペーパーバック版も出版されるようですよ。
一度に読める楽しさもありますが、以前見つけたBOX SETで季節ごとに抜き出して読むのもまた楽しかったかな。 
関連記事

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌


Lily Quench and the Magician\'s PyramidLily Quench and the Magician\'s Pyramid
(2004/08/19)
Natalie Prior

商品詳細を見る

YL:3.5?4.5
語数:28409

Lily Quenchシリーズ5巻です。

Skellig Lirで不吉な穴「Eye Stone」のヒントを得たLilyとQueen DragonはMagicianに会いに北へ向かいます。
Queen DragonとはぐれたLilyはひとりでMagicianと戦うことになります。
そこで出会った3人のMagician、囚われていたBabaというDragon。
 
話も佳境に入って来ました。
残り2巻の展開が楽しみです。
終わってしまうのがもったいない。
続きを読もうかどうしようか迷ってしまう・・・。
 
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


A Bad Case of Stripes (Scholastic Bookshelf)A Bad Case of Stripes (Scholastic Bookshelf)
(2004/06)
David Shannon

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:1387

インパクトのあるこの表紙の女の子が気になってずっと欲しいと思っていた絵本です。
バーゲンで見つけて買ってしまいました。

BookPALS Storyline Onlineというサイトで俳優さんや著名人の方が絵本の朗読をしていて、そこでも紹介されていて何度か聴いていたのですが、やっぱりリアルな本で楽しみたいなぁ?と思っていました。
そのサイトでこの本はSEAN ASTINさん、ロードオブザリンングで主役のフロドの従者サムの役を演じてる俳優さんです。
さすがですよね。とっても上手です。当たり前か・・・。
BookPALS Storyline Onlineはこちら

何かと人目が気になるCamillaちゃん、ホントは大好きなlima beansも友達が嫌いだから自分も食べません。
新学期の朝、着替えている時鏡に映った自分を見てびっくりします・・・。

なんとも奇想天外な展開で面白かったです。
協調性も大切ですが、自分の意見も大切ですよね。


大きくなぁれ!

gremz始めました。

「エコな苗をブログで育てよう」
と、いうことで、ブログの更新によって苗が生長し、大人の樹に成長すると実際の森に植樹してくれるというものらしいです。

日頃強く意識しているわけではありませんが、自分に出来ることはやってみようと、1年ほど前からかばんにはいつもエコバックを入れて持ち歩いてます。
始めたばかりの頃は入れるのを忘れることも多かったけど、近頃は持ち歩く習慣が出来ました。
あとは、ネコを飼うようになって、あっちこっちかまわず舐めたりするので、お掃除にお酢や重曹など使うようになりました。
やって見るとさほど面倒なことでもありません。

簡単に出来ることだけでいいから、少しでも地球に優しい生活が送れれば・・・と思います。
関連記事

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ


Lily Quench and the Lighthouse of Skellig MorLily Quench and the Lighthouse of Skellig Mor
(2004/06/17)
Natalie Prior

商品詳細を見る

YL:3.5?4.5
語数:26901

Lily Quenchシリーズ4巻。
ここまでが再読となりますが、やっぱりおぼろげにあらすじを覚えているだけでした。

Ashbyのはるか南にある島Skellig Lirに不吉な穴「Eye Stone」をふさぐための魔法を探しに向かうLilyとQueen Dragon。
しかし、島に近づいた時、Sea Dragonに襲われている船を見つけます。そしてす不思議な大きな泡にLilyはさらわれQueen Dragonと離れ離れになってしまいます・・・。

次巻が楽しみになってきました。





関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


魔女の宅急便 その3 (福音館文庫)魔女の宅急便 その3 (福音館文庫)
(2006/10/10)
角野 栄子

商品詳細を見る


魔女の宅急便3巻です。

コリコの町に来て4回目の春、キキは16歳になりました。
おかあさんのコキリさんに教えてもらったくしゃみの薬を作るくすり草も2回目です。
ある日、ケケという12歳の女の子がここに住むと言いキキの元に転がり込んで来ます。
何かにつけマイペースで何か謎のある女の子にキキはペースを崩されっぱなし。
お互いを理解しあっているはずのジジもケケになつき落ち着かないキキでした。
そんなある日、「おわりのとびら」という怪しく不思議な本を預かることに。

話に引き込まれあっという間に読了です。

George and the DragonGeorge and the Dragon
(2003/03/25)
Chris Wormell

商品詳細を見る

YL:1.0
語数:285

行くの止めよう・・・と思っていたのですが、近くまで行ったのでやっぱり寄らずにはいられませんでした、紀伊国屋書店の洋書バーゲン。

以前からこの怖そうなDragonの表紙を見て読んでみたいなぁ?と思っていたこの絵本。
見つけてしまったので、迷わずカゴに入れてしまいました。
意外な展開で面白かったですよ。
怖いもの知らずのDragonのはずなんですけどね。

近くに行ったという用事というのは、損保ジャパン東郷青児美術館で開催されている「ミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち」という展覧会です。
開催の図録の代わりにこんな本↓
ちひろBOX2 世界の絵本画家たち (講談社ART BOX)ちひろBOX2 世界の絵本画家たち (講談社ART BOX)
(2009/07/10)
ちひろ美術館

商品詳細を見る

が売られていたので買って来ました。
1点ずつでしたが、エリック・カール、モーリス・センダック、アーノルド・ローベル、ユリ・シュルヴィッツなどの原画、作品のイメージ画などがありました。
買った本には展示されていなかった他の絵も載せられているのですが、それを見て読んだことのある作家だったのが分かったり、読んで見たい本とかも沢山出てきてしまいました。
時間のあるときにでも図書館のHPで探してみたいと思います。
関連記事

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌


Horton Hears a Who (Dr.Seuss Classic Collection)Horton Hears a Who (Dr.Seuss Classic Collection)
(1998/03/18)
Dr. Seuss

商品詳細を見る

YL:2.0
語数:1970

Hortonシリーズ2冊目です。

ジャングルで水浴びをして楽しんでいるHortonがどこからともなく助けを求める小さな声を聞きます。
目には見えない小さな塵に住む小人たちを信じないジャングルの仲間達は邪魔をするのですが、Hortonはその声を信じ守ろうと・・・。

こちらもaudibleでオーディオブックをダウンロードして聞き読みを楽しみました。
塵の中の住人とそれを信じ守るHortonの優しい心が伝わってきます。
先に読んだ「Horton Hatches the Egg」と同様、聞きやすくて楽しいです。


関連記事

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌


魔女の宅急便〈その2〉キキと新しい魔法 (福音館文庫)魔女の宅急便〈その2〉キキと新しい魔法 (福音館文庫)
(2003/06)
角野 栄子

商品詳細を見る


借りてきた本、早速読みました。
一応読み比べを・・・と思い1巻から借りてきたのですが、先の展開が気になるので2巻からです。
3巻まではソフトカバーの文庫版が出版されてます。

旅立って丁度1年経ったのでキキとジジは2週間の予定で里帰りをします。
しかしコリコの町のことが気になり早めに帰ることに。

「もちつもたれつ」
みんなの喜ぶ顔が嬉しくて、いいもの、いいことを運んでいると思っていたのですが、ある女の子に頼まれたものがきっかけに、もしかして知らないうちに悪い心を運んでしまうこともあるかもしれない・・・と魔女をやめてしまおうかと思ったりもするのでした。
温かい出会いを重ね、キキは少し成長をし、新しい魔法のことを考え始めます・・・。

面白かったです。
しかし、まだまだ英語で読むスピードは早くなく、日本語で読む半分のスピードがあるかどうか・・・ってところでしょうか。
同じくらいのスピードで読めるようになりたいもんです。はあぁ。
たまに和書を読むといつもいつも感じることですが・・・。

英訳の本がきっかけにならなければまず読むことは無かったでしょうね。
出会いに感謝です。

関連記事

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌


Kiki\'s Delivery ServiceKiki\'s Delivery Service
(2003/02)
Eiko KadonoLynne E. Riggs

商品詳細を見る

YL:3.5
語数:43825

先日、TVで「魔女の宅急便」が放送されていて、英訳の本を読んで見たくなって書棚から引っ張り出してきました。
約2年半ぶりの再読となります。
初めて読んだ時はまだ私にはちょっと難しかったけど、今回はサクサク行けました。
細かいエピソードも半分くらい忘れてました。
きっと飛ばして読んでいたせいでしょうね。(苦笑)

図書館で見かけていた原作の「魔女の宅急便」。
先日YahooのTopページで6巻の発売が決まったという記事を読んで、以前から続編を読んでみたいと思っていたので既刊の5巻まで一気に借りて来ました。
夏休み中に読んでみたいと思います。
それから発売日もまだ決まってないのですが、図書館に6巻のリクエストを入れたら25番目でした。
既刊の本の様子だと1冊ってことはなさそうなので、もう少し順番早く廻ってくるかも・・・と思うのですが・・・。

英訳の本にも挿絵があるのですが、ちゃんと原作と同じイラストが使われています。
5冊揃ったところで気づいたのですが、イラストを描いてる方が違うんですよ。
いいなぁ?と思っていた1巻の挿絵は1巻のみ。2巻は違う人。3巻?5巻が同じ人。
絵本ではないので挿絵が沢山あるわけではないのですが、ちょっと違和感があります。
読むとまた違った印象を受けるかもしれませんね。

検索して原作の角野栄子さんのHPを見つけました。
こちら
角野さんの近況を綴ったブログや「キキとジジの交換日記」など楽しそうな記事が沢山ありました。

原作本の紹介をされていたリッカさんの記事はこちら

Horton Hatches the Egg (The Classic Collection)Horton Hatches the Egg (The Classic Collection)
(1998/03/18)
Dr. Seuss

商品詳細を見る

YL:1.5
語数:1420

バーゲンでDr. SeussのThe Classic Collectionの中のHortonの話の2冊を見つけて買って来ました。
audibleでオーディオブックも見つけたのでせっかくなので聞き読みをすることに。

音だけでも十分楽しめるのですが、絵本なのでやっぱり聞き読みの方が断然楽しい。
絵だけを眺めて聴くのもよいです。

なまけものの鳥Mayzieに代わりに卵を温めて欲しいと頼まれたHorton。
仕方なく自分の体重で倒れないよう木に補強をしてから木によじ登り温めます。
雨の日も嵐の日も冬の寒い日も・・・。
やがて春がやって来ますが、Hortonの災難はそれだけでは終わりませんでした・・・。

とっても、とっても楽しいです。
突っ込みどころは満載なのですが、楽しさでは今までで一番お薦めかも。
関連記事

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌


Lily Quench and the Treasure of Mote ElyLily Quench and the Treasure of Mote Ely
(2004/04/12)
Natalie Prior

商品詳細を見る

YL:3.5?4.5
語数:26251

Lily Quenchの3巻になります。
読み始めてだんだん話しを思い出してきました。

誘拐されたLilyは時空を超え過去へ行きます。
そこでどうやってLilyが連れ去られたか気づいたLionelはLiliyの後を追います。
そしてそこでご先祖のQuenchと過去のLiliyと出会う前のQueen Dragonとも出会うことになり、Eye Stoneの謎に迫ります。

やっぱり面白い。




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。