上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Knights of the Kitchen Table (Time Warp Trio)Knights of the Kitchen Table (Time Warp Trio)
(2004/04)
Jon Scieszka

商品詳細を見る

YL:3.0?4.0
語数:5999

MTHの主人公が思いっきりふざけた感じ?(笑)
主人公は仲良しのJoeとFredとSamの男の子3人です。
Joeの誕生日パーティーにおじさんからもらった怪しげな本。
開くと煙が立ち昇り中世の世界へとタイムスリップをします。
アーサー王やランスロットやドラゴンなとが登場し、はちゃめちゃな冒険活劇といったところでしょうか。
中世の言葉が登場したりするのでちょっと読み辛かったです。
挿絵がなかなかよい味を出してます。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


The Goose\'s Gold: An A to Z Mystery (A to Z Mysteries)The Goose\'s Gold: An A to Z Mystery (A to Z Mysteries)
(1999/02)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.0?3.5
語数:7216

3人は冬休みにKey Westに住むRuth Rose のおばあちゃんの家へ遊びに行きます。
空港で家に電話をかけていたDInkは隣のブースで電話をしている男がなにやら怪しげなことを話しているのを聞きます・・・。
トレジャーハンターの本拠地であるKey Westで手に汗握る冒険です。

あぁ?無事でよかった。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)
(2003/09/11)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

YL:0.4

House for Sale:109
The New House:120
Come In!:109
The Secret Room:195
The Play:203
The Storm:188

臨時収入があったので、いまさらですが初めてORTを買いました。
どのStageから買おうかいろいろ悩んだ末、Stage4からにすることにしました。
一応パックの本の全部の語数を上げましたが、もったいないので半分の3冊だけ読むことに。

とっても短くて、でも6冊続きのストーリー仕立てになっているようです。
多読を始めた頃はあっという間に読み終えてしまうこの本は高くて手が出ませんでしたが、
甥っ子が中学に入学することもあって一緒に読めればいいなぁ?と思ったので買ってみることにしました。
まだ授業も始まったばかりですが、吸収力の大きい子供にはあっという間に追いつかれ追い越されてしまうのでしょうね。

月に1パックづつでも良いので買い揃えてみようかなぁ・・・と思っています。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Every New Day (Heartland)Every New Day (Heartland)
(2002/09)
Lauren Brooke

商品詳細を見る

YL:4.5?5.5
語数:30623

Heartland9巻読みました?。

今回の話は障害競技馬のMercuryという馬が登場します。
障害競技馬なのに小さな障害でさえ飛ぼうとしなくなったMercuryの治療にあたるAmyたちですが、一向に改善されません。
そしてAmyはかつて母Marionも訪れたNative AmericanであるHutenの所有するOcanumbaの牧場へMercuryを連れていこうとするのですが、治療の方法でTyと意見が食い違い衝突してしまいます。
Tyと気まずい雰囲気のままAmyはOcanumbaの牧場へ・・・。

AmyとHutenとその家族との交流が話の中心になっています。
温かいもてなしをされるAmyですが、Heartlandから遠く離れた場所で寂しさを募らせていきます。
読んでいていっしょに切なくなってしまいました。
Heartlandのため、傷ついた馬のために忙しく働くAmyですが、今回はAmyが癒されたのではないでしょうか。

関連記事

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌


CoralineCoraline
(2004/05)
Neil Gaiman

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:30653

面白かった??!!
どんな展開になるのか想像も付かなくて、先が気になって気になってどんどん読み進められました。
勇気を出して悪い魔女と対決する女の子のお話。

とっても読みやすいです。後半少しレベルが上がるように感じましたが比較的サクサクいけました。
キリン読みでYL4くらいの本を読んでみたいなぁ・・・と思ってる人にもお薦めだと思います。
話のテンポも心地よいスピードで展開していきます。
ファンタジー&ホラーかな。でもそんなに怖くないです。

話の内容とは関係ないのだけど裏表紙の内側に作者の写真が載せられているのだけどかっこイイです。(笑)
あまり話題には上らなかったような気がするのですが、少し前に公開された「Stardust」という映画の原作を書いた人のようです。先日読んだTerry Pratchettとの共著があるのも見つけました。
検索をしてみると翻訳の本でも面白そうな本もありました。もっと力がついたら彼の他の本もぜひ読んで見たいです。

大きな古い屋敷に引っ越してきたCoraline。
大きな家なのでCoralineの家族以外にフロアごとに1階には老女の2人くらし、2階にはCoraline家族、そして3階にはちょっと変わった老人がそれぞれ暮らしていました。
まだ学校も始まらないし、退屈しのぎに家の周りや家の中の探検を始めると1つだけ鍵のかかった扉があることに気づきます。
母に言って開けてもらうと、そこは元は2階の隣の区画につながる、今はブロックが積まれどこにも通じていないドアでした。
ある日、母が買い物に出て1人で留守番をしている間にもう一度その扉を開けてみると・・・。
関連記事

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌


GlubbslymeGlubbslyme
(1997/12/04)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:22000

パパと2人で暮らしているRebeccaは「パパが・・・」「パパが・・・」とちょっとファザコン気味の女の子。それを友達にからかわれます。
ある日Rebeccaは昔魔女が沈められたという池で魔法が使える300歳を超えるというひきカエルと出会い・・・。

Jacqueline Wilsonには珍しい?ファンタジーものです。
内容的にはあまり好みではありませんでした。
ひきガエルのGlubbslymeの言葉が非常にわかり辛かったです。
現代に現れたGlubbslymeがカルチャーショックを受けたりしたあたりがちょっと面白かったかな。



Just FriendsJust Friends
(2002/07/30)
Robyn Sisman

商品詳細を見る

YL:6.0?6.5
語数:111588

やっと終わりました。長かった???。
以前に翻訳を読んだことがあったので内容を知っていたのでなんとか最後までたどり着けました。
読みやすい部分とそうでない部分があって、仕事は忙しくなってくるし・・・うだうだと書いてますが、ボチボチとのろのろペースで約2週間かかりました。
私の読書スピードと11万語という長さを考えればまあまあでしょう。

画廊に勤めるFreyaはすでに30代も半ば、一緒に住んでるMichaelからたまには外で食事を・・・と誘われます。「きっとプロポーズされる」と思っていたらいきなり別れを告げられます。
恋人も住む家も無くなったFreyaは親友のCatに連絡を取ろうとしますがつかまりません。
そして頼った先は10年来の友人Jackのところでした。
同居生活が始まり友人として付き合っていた頃には思いもよらなかった波乱が2人の関係に微妙に変化を起こして行きます。
2人の関係は・・・。

男と女の間に友情は成立するのか?そんなテーマで書かれたラブストーリーです。
細かなニュアンスなどわからない部分も多いのですが、楽しく読めました。
これくらいのレベルの本がサクサク読めるようになると楽しいでしょうね?。

あなたは男と女の間の友情ってあると思う?



The Falcon's Feathers (A to Z Mysteries)The Falcon's Feathers (A to Z Mysteries)
(1998/10)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.0?3.5
語数:7137

A to Z Mysteriesの「F」です。

Joshが森で見つけたFalconを3人で見にいってみると巣からいなくなっていました。
がっかりしていた3人でしたが、1羽のFalconの子供を森のはずれで見つけ動物病院に連れていきますが、またもやその病院からFalconは消えてしまいます・・・。

The Empty Envelope (A to Z Mysteries)The Empty Envelope (A to Z Mysteries)
(1998/06)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.0?3.5
語数:6612

A to Z Mysteriesの「E」です。
今回はハラハラドキドキです。
Dinkに「D.Duncan」宛ての手紙が届きますが、間違って届いた手紙だったのです。
実は私宛の手紙だという女性が手紙を取りにやって来たのですが、なにか不自然さを感じた3人は・・・。

短いながらも十分楽しませていただきました。
次の「F」も楽しみです。


Skippyjon Jones in Mummy Trouble (Skippyjon Jones)Skippyjon Jones in Mummy Trouble (Skippyjon Jones)
(2006/10/19)
Judith Byron Schachner

商品詳細を見る

YL:3.0
語数:1488

朗読と共に楽しみました。
スペイン語がちょこちょこ登場するので分からない部分もありましたがLRだとリズムが良くってとっても楽しい!
アンバランスなスタイルのSkippyjon Jonesが気に入って買いました。

夢想癖のあるSkippyjon Jonesという名のネコの夢の話なのかな。
トイレの砂でピラミッドを作っていて怒られたSkippyjon Jonesでしたが頭の中はエジプトのことでいっぱいです・・・。

シリーズで出版されているようなので、機会があれば他の本も読んでみたいなぁ・・・と思いました。
絵本の朗読なので短いですがお薦めですよぉ?
関連記事

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌


Paws Off, Cheddarface! (Geronimo Stilton)Paws Off, Cheddarface! (Geronimo Stilton)
(2004/04)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

YL:4.1
語数:9957

長編ちょっと小休止です。
あまりにスピードが上がらないのでお気に入りのシリーズでスピードアップ出来ればいいなぁ・・・と。(苦)

身に覚えのない災難に見舞われるGeronimo Stiltonです。
どうやら自分の偽者が良からぬことを仕出かしているらしい。ついには大事な新聞社や自宅、友達家族まで・・・。
Geronimo Stilton、危機をどうやって乗り越えるのか・・・。

これはやっぱりLRで楽しむのが一番楽しい!
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


The Deadly Dungeon (A to Z Mysteries)The Deadly Dungeon (A to Z Mysteries)
(1998/02)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.0?3.5
語数:8245

A to Z Mysteriesの「D」です。
3人は1巻の「The Absent Auther」事件で知り合った有名なミステリー作家Wallis Wallaceの家に招待されます。なにやら怪しげな噂のあるお城です。
洞窟探検や秘密の扉など謎解きのミステリーというよりは冒険色が強いお話でした。
面白かったです。
終わり方もなかなかよいです。

しばらく更新が止まっておりましたが、10万語超の長編を読んでいます。
以前に翻訳版を読んだことがある本なので、ストーリーを知っているので何とかなるかも・・・と、ちょっとキリン読みです。
1週間でやっと半分弱くらいまで来ました。
キリン読みで多少ペースダウンしていますが楽しく読んでいるのでこのまま最後までたどり着きたいと思ってます。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。