上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Canary Caper (A to Z Mysteries)The Canary Caper (A to Z Mysteries)
(1998/02)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.0?3.5
語数:8262

A to Z Mysteriesの「C」です。
audibleにAからIまで音源があるようです。今回はダウンロードしてL&Rで楽しんでみました。
MTHよりはスピードやや速め。比較的単調な朗読ですが、聴きやすい男性の声です。
聴いていて楽しいのはMTHの方が楽しかったかな。
「C」と「D」の2本立てのをダウンロードしたので次のDもL&R出来ます。
2本入って$4.40なので気軽に楽しめますよね。
2冊分で1時間45分の長さです。

Green Lawnで同じ日に4匹のペットがいなくなります。
その中にはRuth RoseのネコTigerも・・・。
いなくなったペットの行方は?犯人は?
スポンサーサイト
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Bed-Knob and BroomstickBed-Knob and Broomstick
(2002/02)
Mary Norton

商品詳細を見る

YL:5.8
語数:39944

空とぶベッドと魔法のほうき (岩波少年文庫)空とぶベッドと魔法のほうき (岩波少年文庫)
(2000/11)
メアリー ノートン

商品詳細を見る

アマゾンでこの本がお薦め商品に推薦されていて「原書読んでみたいなぁ?」と思っていたところ、偶然バーゲンで見つけたので買って来ました。
「The Magic Bed-Knob」と「Bonfires and Broomsticks」の2話が収録されています。
出版は比較的新しいものですが、初版はそれぞれ1943と1957のようです。

3姉弟が伯母の家に遊びに行った時、隣の家のPriceさんが夜中にほうきに乗る練習を目撃してしまいます。口止めに魔法をかけてもらって空飛ぶベッドに・・・。

2話めはその数年後、偶然見つけた新聞広告で再び3姉弟はPriceさんに再会することが出来ます。
また魔法でベッドに乗って遊びに行けるとワクワクしていた3人でしたが・・・。

2話目は登場人物や背景の設定など違いますがどこかで読んだことがあるような・・・。
こっちの話のほうがずっと古いのでパクリかと思いました。(苦笑)
大筋があまりに似ています。有名な作家さんの原作だったような・・・。

2話めのほうがスリルがあって楽しかったですが、ちょっと難しかったです。
図書館で翻訳借りて読んでみようかな・・・。


関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


The Bald Bandit (A to Z Mysteries)The Bald Bandit (A to Z Mysteries)
(1997/09)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.0?3.5
語数:6452

A to Z MysteriesのBです。
よく出来てます、このミステリー。(笑)
でも挿絵がよく出来すぎていて挿絵をみたとたん「こいつ怪しい」(笑)って思いました。
似たようなトリックを前に読んだ気もするのですが、Camシリーズだったかなぁ・・・?

最近購入したのでリンクの表紙と絵が違うのですが、こっちの方がいいなぁ?。

A Friend for Dragon (Dragon's Tales)A Friend for Dragon (Dragon's Tales)
(1994/09)
Dav Pilkey

商品詳細を見る

YL:0.8
語数:941

Dragon Gets by (Dragon's Tales)Dragon Gets by (Dragon's Tales)
(1996/09)
Dav Pilkey

商品詳細を見る
YL:0.8
語数:640


Dragon's Fat Cat (Dragon Tales)Dragon's Fat Cat (Dragon Tales)
(2008/02)
Dav Pilkey

商品詳細を見る

YL:0.8
語数:911

もうとにかくかわいいったらないです。
1冊目のA Friend for Dragon はひとりでさびしかったDragonが「Will you be my friend?」といろんな動物に声をかけるのですが断られてしまいます。
読んでいてちょっと切なくなっちゃいましたが最後がとっても良かった。

おとぼけキャラのDragonくんの心優しい天然っぷりがおかしくもあり、心温まるほのぼのストーリーです。
1巻のA Friend for Dragon を読むとそれ以降の本に登場するDragonくんの家のまわりの風景もまたちょっと違って見えると思います。
関連記事

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌


Thicker Than Water (Heartland (Scholastic Paperback))Thicker Than Water (Heartland (Scholastic Paperback))
(2002/06)
Lauren Brooke

商品詳細を見る

YL:4.5?5.5
語数:37867

Heartland8巻です。
約1ヶ月ぶりにHeartlandに戻って来ました。一気に読みたい気持ちともったいないのでボチボチいこうという気持ちで微妙です。(笑)

今回はある少女の愛馬を預かることになります。普段はおとなしい馬なのですがその子の母親の前では暴れてしまい手に負えません。そして売ってしまうと言われてしまいます。
そしてAmyとLou姉妹の大切な人との再会となります。

今回も盛りだくさんのHeartlandでした。
あれこれ書くとすべてがネタばれになってしまいます。(苦笑)
こじれた関係を修復するのを手伝ってくれるのもやっぱり「馬」なんですよね。

関連記事

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌


The Fran That Time Forgot (Franny K. Stein, Mad Scientist)The Fran That Time Forgot (Franny K. Stein, Mad Scientist)
(2005/08/23)
Jim Benton

商品詳細を見る

YL:2.9
語数:3714

Frannyちゃんのシリーズ4巻です。

ある日、実験で表彰されたFrannyちゃんでしたが秘密にしていたミドルネームがみんなに知られてしまって笑われてしまいます。
転んでもただでは起きないFrannyちゃん、笑われたままでいるはずもありません。
タイムマシーンを作って過去へ未来へ・・・。

先日書店にいったら翻訳版を見つけました。
表紙もそのまんま。(笑)
翻訳版もちゃんと6巻まで出版されているようです。
4巻の翻訳本はこちら。

キョーレツ科学者・フラニー (4) (キョーレツ科学者・フラニー 4)キョーレツ科学者・フラニー (4) (キョーレツ科学者・フラニー 4)
(2007/09)
ジム・ベントン杉田 七重

商品詳細を見る
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


The Absent Author (A to Z Mysteries)The Absent Author (A to Z Mysteries)
(1997/09)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.0?3.5
語数:8517

1巻のAとEを持っていたのですが、なぜかずっと読まなかった、というか持っているのを忘れていました。
面白かったです!

Dinkたちが、大好きなミステリー作家のWallis Wallanceに手紙を書いたところ自分たちの町でサイン会を開いてくれることになり楽しみにしていました。
当日サイン会の会場にWallis Wallanceは現れず・・・。

短いけどちゃんとオチのあるミステリーで大人が読んでも十分楽しめます。

最近A to Z Mysteriesの書評記事をみかけることが多くて、そういえば・・・と思い出したのでした。
MTHも28巻までもうすぐだし・・・と持ってるAとE以外のHまでを買い揃えました。
こちらも新たにカテゴリーを設けましたので、ボチボチ1冊づつ楽しみたいと思います。

  
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


TruckersTruckers
(2004/04/29)
Terry Pratchett

商品詳細を見る

YL:5.0?6.0
語数:46526(Scholastic Counts より)

何か面白そうな本はないかなぁ?と探し当てたイギリス人作家「Terry Pratchett」の本です。
日本ではあまり知られていないそうですが、何冊かは翻訳本もあるようです。
しかし絶版になっている本も多いようです。
図書館で蔵書検索をしたらありましたので借りてシマウマ読みをしました。
アマゾンには古書の取り扱いもないようです。

その昔、遠い星から来たノーム(小人)はトラブルで帰れなくなり地球に住み着いたらしい。
時は流れ遠い星からやって来たことを誰も覚えてはないくらい年月が流れ・・・。

土地開発で住む場所を追われたノーム10人は住む場所を求め人間のトラックにひそかに乗り込み、着いたところは「Arnold Bros」という老舗デパートでした。
そこには数千人のノームが共和国を作り住んでいたのでした。
しかし、そこも取り壊されることに。
そして新たな仲間たちと協力し脱出計画を・・・。

なかなかよかったです。
ノームのスケールから見た人間社会がちょっと面白い。
3部作らしいので先の展開がちょっと楽しみです。

High Tide in Hawaii (Magic Tree House)High Tide in Hawaii (Magic Tree House)
(2003/03/25)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5965

2人は4つ目の魔法を探しに人が住み始めた頃のハワイへ。
shipを作るはずなのですが・・・。
現地の同じ年頃の兄妹と出会いサーフィンをすることに。

28冊完読しました。
日本ではあまりなじみのない話もありましたが、どの巻も楽しく読むことが出来ました。
易しい本とはいえ、まだ知らない単語は登場します。
また話の内容を忘れた頃に読み返してみるのも楽しいかもしれませんね。

シリーズはまだまだ続いてるようですが、一応4冊づつの話はこれで終わりのようです。
29巻からは「Merlin Missions」というシリーズになっているようです。
順番に読みたいのですが、既刊の中の数冊はHCしか入手できないようです。
PBでそろえられるようになったらまた続けて読んでみたいと思います。

今まで探したことがなかったのですが公式のHPもありました。
こちら(英語)

日本語の公式のHPもありました。
こちら

Thanksgiving on Thursday (Magic Tree House)Thanksgiving on Thursday (Magic Tree House)
(2002/09)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6001

2人は1621年の初めての感謝祭に行くことになります。
「Thanksgiving」は最近耳にするようにもなりましたが、どんなことが始まりで行われるようになったのか知識ゼロだったので、読んでいてもあまりピンと来ませんでした。
読み終わった後で調べてみてやっと何のことだか話の内容がスッキリしました。(苦笑)
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Good Morning, Gorillas (Magic Tree House)Good Morning, Gorillas (Magic Tree House)
(2002/07)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5847

2人ははアフリカのCloud Forest に行き、そこでゴリラの家族と出会います。
今回はほっこり心が温かくなるようなお話でした。
あんな風にゴリラと交流できれば楽しいだろうなぁ?と思いました。

Stage Fright on a Summer Night (Magic Tree House)Stage Fright on a Summer Night (Magic Tree House)
(2002/03/12)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6117

今までは誰かを助ける為とかに冒険に出ていた2人でしたが今回はちょっと志向が変わって自分たちが魔法を覚える為の冒険に出ます。
そして今回出かけた先は1600年のイギリスへ。

読んでいて真っ先に思い出したのがこちらの映画でした。
恋におちたシェイクスピア (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第1弾)恋におちたシェイクスピア (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第1弾)
(2008/03/13)
グウィネス・パルトロウ.ジョセフ・ファインズ.ジェフリー・ラッシュ.コリン・ファース.ベン・アフレック.ジュディ・デンチ

商品詳細を見る

発売は来週になるようですが、ベスト版でお安く買えるようになるようです。
何年か前にスカパーで放送されているのを観たのですが、時代設定がまんま同じだったので内容がとてもよくつかめました。
グウィネス・パルトロウがとっても素敵でチャーミングな映画、こちらもお薦めです。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


The Mystery of the Secret Room (Mysteries)The Mystery of the Secret Room (Mysteries)
(2003/01/01)
Enid Blyton

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0
語数:40000(概算)

一昨年の暮れに1巻を読んだきりだったので、登場人物などすっかり忘れてしまってのスタートでした。
Mysteriesの3巻になります。

今回はずっと空き家の家のはずなのに明かりが灯っているのを発見してしまいます。
誰が所有しているのかも不明。
そこであの手この手を使い知恵を絞って5人と1匹は調べ始めますが・・・。

この本より上のレベルの本もわずかながら読んでいるのですが、なんだか読みづらかったです。
5日もかかってしまいました。
文中「disguise」という単語が何度も出てくるのですが途中までわからず話が見えてこなくて困りました。(苦笑)
変装するとか見せかけるという意味だったのですね。
2度と忘れないと思います。(笑)
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Earthquake in the Early Morning (Magic Tree House)Earthquake in the Early Morning (Magic Tree House)
(2001/07/24)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5552

4つめのWritingを探しに1906年4月18日のサンフランシスコへ。
2人ともいつも行きたいと思っていたところだったので喜んでいたのですが・・・。
日本に住んでいたら必ずどこかで遭遇する地震、それも2人は大地震に遭遇してしまうことに・・・。
無事4つめGet出来るのか、無事帰れるのか、そしてCamelotを救えるのか・・・。

もう13年前にになるのですね、阪神淡路大震災。
その後も大きな地震に見舞われている日本ですが、物語のサンフランシスコの地震も早朝ということだったので、真っ先に思い出されました。
朝起きてテレビを付けた時に飛び込んで来た高速道路が横たわっていた映像。
今でも鮮明に思い出されます。
とても他人事には思えないエピソードでしたが、なんの備えもない我が家だったりします。
一応家具とかは倒れないような措置やニャンコのご飯の買い置きくらいかなぁ・・・。
もうちょっと非常時の備えを考えてみなくちゃ・・・と思ったhanazoでした。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Twister on Tuesday (Magic Tree House)Twister on Tuesday (Magic Tree House)
(2001/03/27)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5046

今回は1870年代のカンザスへ。オープニングのイラストでまるで大草原の小さな家だぁ?と思ってしまいました。
そういえばローラが結婚し、子供を授かったのちに竜巻が来たシーンがありましたよね。

竜巻でもうひとつ思い出したのが、確か竜巻の規模を現す単位を日本人が作ったとテレビで観たのを思い出し検索してみました。
調べた記事はこちら

何年か前にヘレン・ハント主演で「Twister」という映画もありましたよね。
その映画であの竜巻はF3クラスだとかF4くらいだとかいう台詞があったような・・・。

今回もAnnie勇敢でした。

Revolutionary War on Wednesday (Magic Tree House)Revolutionary War on Wednesday (Magic Tree House)
(2000/09/26)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:4989

今回は独立戦争の時代へ行きます。
今回はジョージ・ワシントンが登場します。
この方はさすがに知ってますとも。(笑)

JackとAnnieは1776年12月25日クリスマスの夜、秘密の作戦に赴くワシントン率いる軍に遭遇します。
いつもJackが持っているResearch Guideを読むシーンでも簡単ですがその模様を説明するくだりがありました。
詳しくは知らないのでこれもやっぱりMagic Tree House Research Guideを読んでみたくなりました。

この巻のResearch Guideはこちら
American Revolution: A Nonfiction Companion to Revolutionary War on Wednesday (Magic Tree House Research Guide)American Revolution: A Nonfiction Companion to Revolutionary War on Wednesday (Magic Tree House Research Guide)
(2004/08/10)
Mary Pope OsborneNatalie Pope Boyce

商品詳細を見る

Titanic: A Nonfiction Companion to Tonight on the Titanic (Magic Tree House Research Guide)Titanic: A Nonfiction Companion to Tonight on the Titanic (Magic Tree House Research Guide)
(2002/08)
Will OsborneMary Pope Osborne

商品詳細を見る
語数:5763

観ていない人はいないくらい有名な映画「Titanic」
本文にもありましたが1997年に公開だったんですね。
当時映画とあわせて沈没したタイタニックの映像などがテレビの特番で放送されてたように記憶しています。
映画も観たし、ビデオも買ったし、テレビで放送されたのを合わせると何度観たかなぁ・・・。
劇中のシーンを思い出させるような記述が沢山ありました。
当時撮られた写真と映画にあったシーンと重なるものもありましたし、記録に残されている出来事もちゃんと映画に反映されていたんですね。
これを読んだらまたビデオ観たくなりました。

関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。