上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lucinda's Secret (Spiderwick Chronicles)Lucinda's Secret (Spiderwick Chronicles)
(2003/12/11)
Holly Black

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0
語数:9978

妖精のことをもっと知りたくて精神病院に入院している家の持ち主の大おばのところにお見舞いに連れて行ってもらう3人。心を病んでいるはずの大おばでしたが実は違っていました。ひいおじいさんの書いた妖精図鑑を見せようとすると・・・。
盗まれた図鑑を取り戻すべく館の裏にある森に足を踏み入れ・・・。

Goblinと対決した3人でしたが森でまた新たな妖精と出会います。
妖精との出会いはまだまだ序章に過ぎず謎、謎、謎。
本当の対決はこれからのようです。
残り2冊、どんな展開が待っているのかとっても楽しみです。

再度検索をしたらSSSの書評に5冊ちゃんとありました。
SSSの書評はこちら
(語数は1冊目からamazon.comを参照してるのでSSSの書評とは少し違います。)
スポンサーサイト
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Stuart Little (Charming Classics)Stuart Little (Charming Classics)
(2006/03)
E. B. White

商品詳細を見る

YL:4.5
語数:18991

映画を観たことがあったので同じような内容かと思っていたのですが、ずいぶんと違ってました。
映画は映画、本は本。私はどちらも好きです。
スチュアートは飛び去ったマーガロを探しに旅立つのですが、いろんな人に出会い、いろんな体験をし成長していくのが感じられます。

「Charlotte's Web」とこの本と2冊読んだわけですが、どちらも甲乙つけがたい。もう1冊彼の書いた本があるので機会があれば読んでみたいと思います。

audible.comで音源をダウンロードしてL&Rをしたのはこの本なのですが、発売されているCDと同じかどうかは分かりませんが、録音自体が古い感じがしました。半ば過ぎたあたりで1度だけですが朗読者の咳払いが入っていました。(笑)
スピードは聴き始めはそうでもなかったのですが途中すごいスピードアップします。もう付いて行くの必死。咳払い以降少し朗読スピードは落ち着きます。(笑)
声はちょっと年配かな?と思われる女性の声です。

入会してしまいました!
iTunes Storeは日本語で出来るので楽チンなのですが、種類となると断然多いんですよね。
思い切ってチャレンジしてみました。
今、Goldという月払いの方法の最初の3ヶ月が半額の$7.49になるキャンペーン中のようです。
iTunes Storeよりもさらに安く、大抵のものが1 creditでダウンロード出来るので正規の月払いの金額より高いもの1つと$8.82のもの1つの合わせて2つをダウンロードしてみました。

ダウンロードするまではちょっとドキドキでしたが無事ダウンロードも出来てiPodにもちゃんと入れる事が出来ました。
積読してる本の音源も豊富にあって、これで月に1,2つくらいはL&Rが手軽に出来そうです。
早速帰りの電車の中で昨日ダウンロードしたものでL&Rはじめました。
Wish Listに欲しい音源がすでにいっぱいです。(笑)
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


The Seeing Stone (Beyond the Spiderwick Chronicles)The Seeing Stone (Beyond the Spiderwick Chronicles)
(2003/05)
Holly BlackTony DiTerlizzi

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0
語数:9759(amazon.comより)

Spiderwick Chronicles2巻です。
1巻で家に住み着いているBoggartという妖精から人間が妖精図鑑を持っていると危険だと教えられたJaredでした。
ネコを探しに行ったSimonがGoblinたちにさらわれてしまいます。
Boggartに妖精が見えるようになるという石を探し出しSimonの救出に向かう2人でしたが・・・。

5冊で1つの物語になっているようです。
たくさんあるわけではないのですが、所々にある挿絵に話に登場するいろんな妖精が描かれています。かわいいとは言いがたいけどちょっとユーモラスな容姿をしていてます。
表紙のJaredの右肩にいるのはHogsqueal。
各巻末に2匹の妖精の肖像画のようなものがあるのですが、次巻に出てくる妖精が描かれているようです。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


The Spiderwick Chronicles: The Field Guide/the Seeing StoneThe Spiderwick Chronicles: The Field Guide/the Seeing Stone
(2003/05/13)
Holly Black

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0くらい
語数:10018(amazon.comより)

いつ見つけたのかは覚えていないのですが、BOXで買ってずっと暖めていた本です。
やっと手に取ることが出来ました。が、非常?に読み辛いです。(苦)
ファンタジーものを読み始めるといつもそう感じるのですが、全5巻、(Beyond?というタイトルで6巻目も出版されるようです。amazon.jpでは予約になっていました)1冊1万語前後の本なので、慣れる前に読み終えてしまいそうな感じです。

SSSの書評にはまだ上がっていないようで、amazon.comのText Statsのデーターと読んでみての感触でYL:4.0?5.0くらいだと思います。

Mallory、Jared、Simonの3人姉弟。離婚した母に連れられて大おばの住んでいたおんぼろ洋館に引っ越して来ます。
壁の中から物音がすることに気づいたJared。3人で洋館を探検するうちにダムウェーターでしか行かれない秘密の部屋を発見します。(のちに隠し扉発見)そこでJaredが見つけた妖精の観察図鑑のようなものを見つけ・・・。

どんな展開になっていくのか楽しみです。
2008年の2月にアメリカで映画公開が決まっているようです。
日本でも公開・・・されるよね?

Francis the Scaredy CatFrancis the Scaredy Cat
(2002/09)
Ed Boxall

商品詳細を見る

YL:0.5
語数:309(自己カウント)

久しぶりの絵本です。
先日行った紀伊国屋書店のバーゲンで買ったものです。
ビビッた顔の表紙のネコが気に入って買ったのですが、中の絵はこれネコかいな?と・・・。
ネコだと思えばネコですが、イヌだと言われればそう見えなくもない。(苦笑)

暗い夜が怖いFrancisですが、大好きなBen(飼い主)はなかなか帰って来ません・・・。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


The Curious Incident of the Dog in the Night-timeThe Curious Incident of the Dog in the Night-time
(2004/04/01)
Mark Haddon

商品詳細を見る

YL:4.1
語数:65000

やっと読み終えました。
長かったぁ?。
下のリンクはamazonの画像ですが、iTunesでダウンロードしたものでL&Rしました。
amazonでは品切れ中、おまけに3600円ほどするのですが、iTunesStoreだと2200円でダウンロード出来ました。
iTumes、audible.com共に試聴出来ます。
音源は2種類売られていて違う人が朗読しているものもあるようですが、こちらは、主人公の15歳という設定のわりには声がちょっと幼い気もするのですがDramatisedになっていて会話の多いところなどはナレーション+主人公の声以外の声で朗読されています。
しかし、he seidなど省略されているところが多いです。

主人公のChristopherは自閉症の15歳の少年。
ある夜庭で近所の犬が殺されているのを発見し、疑いが自分に向けられます。
容疑は晴れたが犯人は見つかりません。
そして自分が探偵となり犯人を捜し始めます。
捜査中、いろんな隠された事実を知ることになり思い切った行動に・・・。

普通の少年でなく設定が自閉症かつ数学に関して天才的な頭脳を持ち、変化を好まず自分の中ある基準で物事を進めて行きます。
主人公とこの本の独特の雰囲気で、長いですが飽きずに読み進めることが出来ました。
主人公のその後、ちょっと気になります。
続編でないかなぁ・・・。



関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


Cam Jansen and the Mystery of the Circus Clown (Cam Jansen, 7)Cam Jansen and the Mystery of the Circus Clown (Cam Jansen, 7)
(2004/07)
David A. Adler

商品詳細を見る

YL:2.0?3.0
語数:5601

Cam Jansen The Mystery of the Monster Movie (Cam Jansen, 8)Cam Jansen The Mystery of the Monster Movie (Cam Jansen, 8)
(2004/07)
David A. Adler

商品詳細を見る

YL:2.0?3.0
語数:5789

Cam Jansen and the Mystery of the Carnival Prize (Cam Jansen)Cam Jansen and the Mystery of the Carnival Prize (Cam Jansen)
(2004/07)
David A. Adler

商品詳細を見る

YL:2.0?3.0
語数:5553

多読を始めて数ヶ月たった頃に大好きだったシリーズです。
未読の巻をお借りすることが出来たのでCamちゃんとの久しぶりの再会です。
全部で6冊もお借り出来ましたので、一度に読むともったいないので残りの3冊は少し時間を置いてからにします。(笑)

りあさん、どうもありがとう。
りあさんの記事はこちら

同じ巻での比較ではないのですが、当時はこの本1冊で1日だった読書スピードが40分ほどでどの巻も読めましたのでやさしい本の読書スピードは少しながら上がってはいるようです。
レベルの上の本も同じようなスピードで読めるといいのですが、本によっては分速100文字をきることも珍しくないです。
私の語彙のレベルが上がればもうちょっとスピードアップも可能のような気もしますが、効率よく定着してくれる何か良い方法があったら教えてもらいたいです。
錆びた頭にはなかなか定着してくれないんですよね。トホホ・・・。

Apple iPod nano 4GB シルバー MA978J/AApple iPod nano 4GB シルバー MA978J/A
(2007/09/06)
不明

商品詳細を見る


買っちゃいました?♪
っていうか、買ってもらいました。

なんとか使い方も理解出来て、無事聴きたい音源を同期することが出来ました。
元々MP3プレイヤーは持っていたのですが、iTunesでオーディオブックがあるのを見つけ、CD購入するよりはるかに安い!んですよね。
欲しいものすべてがiTunesで購入出来るわけではないのですが、先々欲しい音源がかなりあるのを確認したので購入を決めました。
 
使用目的がかなり限定されるだろう・・・ということで無理せず安い方の4GBを選択です。
でもオーディオブックや手持ちのCDを変換して入れる分には大したボリュームのデーターにはならないし。

試しに1つダウンロードしたので、明日からそれをボチボチL&Rしたいと思います。

Little House in the Big Woods (Little House)Little House in the Big Woods (Little House)
(1953/06)
Laura Ingalls Wilder

商品詳細を見る

YL:4.5?5.5
語数:32966

子供の頃大好きだった「大草原の小さな家」の原作1巻やっと読めました。
テレビの話はは多分2巻以降なのかな?
今年の6月発売で1巻のみなのですがCDも2000円未満で売られているのをみつけたので、これもL&Rで。
半分くらいの章に短いですが歌も入ってました。そういえば劇中とうさんがバイオリン弾いていたよねぇ。いくつか日本でもなじみのあるメロディーもありました。
朗読スピードはけっこうゆっくりです。
多読を始める以前、ラジオ講座をタイマー録音するのに「Talk Master」というのを買って持っているのですが、スピードを変えられる機能が付いているので、×1.3のスピードで聴きました。そのスピードで聴いた方がなんとなく自然な気がしました。

ちなみに、私の持ってる本はScholastic社のもので、オークションで全巻揃ったものを購入したのですが、表紙の絵は同じなのですが、紹介した画像のギンガムチェックが無しなんです。ホントはカラー版かギンガムチェックの表紙が欲しかった・・・んだよね。


Stuart's CapeStuart's Cape
(2004/12)
Sara Pennypacker

商品詳細を見る

YL:2.0?3.0
語数:4569


Stuart Goes To SchoolStuart Goes To School
(2005/07)
Sara Pennypacker

商品詳細を見る

YL:2.0?3.0
語数:4718

古書店で表紙に惹かれて買った本2冊。
リンク画像の順で1巻、2巻となっています。

転校することになったStuartですが、新しい学校で友達はできるだろうか、トイレの場所はちゃんとわかるのだろうか、あれこれ心配でたまりません。おまけにお気に入りのものを詰めた箱はゴミ収集に。
ショック続きのStuartでしたが古いネクタイをいっぱい見つけてそれでCapeを作ることに・・・。

作ったマントには不思議な力があって楽しい不思議体験をしますが、やっぱり新しい学校への心配は無くなりません。
そして早々にCapeの力でなんとかならないかと考えますが・・・。


Stuartと一緒にちょっと不思議な体験の出来る楽しい話でした。2巻の巻末にあるStuartのイラストの描き方があるのですがそれもちょっと楽しい。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Point Blank (Alex Rider)Point Blank (Alex Rider)
(2006/02/16)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る

YL:5.3
語数:55350

細々と隙間で読んでいたので読み終えるまで時間がかかってしまいました。
中盤以降の展開が面白くて最後の方は一気に読み終えることが出来ました。
文中、「Point Blanc」と確か出てきたように思ったのでリンクを貼る時の検索でそう入力したので気が付いたのですが、どうもUS版とUK版、タイトルの最後の一文字が違うようです。
私の持ってるのは紹介した画像と同じUS版になります。

MI6のスパイとしての活動にまだ乗り気でないAlexでしたが、心の中では少しはそうではないようで・・・。
今回はある2つの殺人事件を何か関連があるのでは・・・と疑うMI6からの依頼でアルプスの山の中にあるVIPの問題児が集まる学校へ潜入することになります・・・。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Nodame Cantabile 7 (Nodame Cantabile)Nodame Cantabile 7 (Nodame Cantabile)
(2006/10/31)
David WalshEriko Walsh

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:8350

お借りしてたNodameやっと読み終わりました。にゃんたろーさん、どうもありがとう。
改めてにゃんたろーさんの記事はこちら

しかし、なんちゅうところで終わってしまうのよん。
現在18巻まで原作は出版されているようですし、先がどう展開されているのか非常に気になります。

5日ぶりの更新ですが、停滞してるわけではないけど、隙間読書とキリン読みのため進まないんですよ、これが。ワクワクしながら楽しんで読んではいるのですがねぇ。
読みたい本はたくさんあるのに自分のレベルが恨めしい・・・。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


Stanley, Flat Again! (Stanley Lambchop Adventure)Stanley, Flat Again! (Stanley Lambchop Adventure)
(2004/02)
Jeff Brown

商品詳細を見る

YL:2.7
語数:5899

Big Toeで朗読されているのを見て、「そういえば積読本の中に・・・」とL&Rで読みました。Big ToeはUK版のほうで朗読されているようです。簡略版ではありません。私の持っているのはUS版。若干ですが違いました。
約42分ほどの長さだったので分速140語くらいでしょうか。

ある朝起きたら再びぺちゃんこになっていたStanley君。今回は原因がわからないので先生に診てもらうことに・・・。

Nodame Cantabile 6 (Nodame Cantabile)Nodame Cantabile 6 (Nodame Cantabile)
(2006/07/25)
David WalshEriko Walsh

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:8350

もう1冊・・・という予定だったのですが、テレビの前から離れることが出来ず、6巻のみ読了です。

テレビの何の放送に釘付けになっていたかと申しますと、
「インディペンデンス・デイ」観てました。
いや、字幕なら英語の勉強にもなったのですが、吹替え版んですよ、これが。(汗)
いつもタイミングが悪くて、放送も終盤あたりで気が付くパターンでやっと初めから観ました。
観始めると後の展開と結末は想像がついてしまったのですが、映像を伴うとやっぱり面白くて、つい・・・。
明日からまた隙間、がんばることにします。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


The Dragons of Blueland (My Father's Dragon)The Dragons of Blueland (My Father's Dragon)
(2007/03/13)
Ruth Stiles Gannett

商品詳細を見る

YL:3.0?4.0
語数:7539

これで「My Father's Dragon Trilogy」読了です。子供の頃あったはずなのになんで読まなかったのでしょうね。子供の頃にも出会いたかったです。
それと挿絵のカラーがみてみたい。
どこかにあるのでしょうか?
知ってる方いらっしゃったら教えてください。

エルマーを家まで送って自分の住んでいた所に戻ったはずのドラゴンでしたが・・・。
ドラゴンの住む島「Blueland」の危機を救うために再びいろんなものをバックに詰め込んで再びドラゴンの背に乗り・・・。
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。