上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月

今月は仕事が忙しくホントの隙間読書。それも通勤帰りの電車は疲れてしまって読めなかったり、休日も持ち帰りで仕事したりで時間が取れませんでした。
その割には語数は思ったより読めていました。

読んだ語数:167478
読んだ本の数:18冊

内訳:
絵本-4・児童書-12・manga-2
YL0-1・YL1-2・YL2-2・YL3-9・YL4-4

来月も引き続き忙しそうなので少し少なめになりそうです。
お盆休み休めれば少しは読めるか・・・なぁ。
スポンサーサイト

Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)
(2004/02)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:10119

ず??っと前に買った本です。はい、積読本でした。(笑)
面白かったです。でもちょっと読み辛かったです。
文字が躍っていたり、いろんな字体が混ざっているのです。
しかし、全ページカラーで挿絵もかわいいです。って、それに釣られて
書店で衝動買いしたんだった・・・。

妹が見つけたという宝島の地図でヨットに乗って宝探しに・・・。
最後のオチが面白かったです。(笑)
関連記事

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Broomstick Services (Young Hippo)Broomstick Services (Young Hippo)
(1999/09/17)
Ann Jungman

商品詳細を見る

YL:3.5
語数:6400

BBC Big Toe Booksで朗読されていた本です。
聞き流しでしたが聴いていて楽しかったので探して購入した本です。
録音してあったので、後半はL&Rで。
簡略版ではなくフルに朗読されていました。

同じことを考える方がいらっしゃいまして(笑)夜行猫さんが先に書評をあげてくださっています。
夜行猫さんのブログはこちら
夜行猫さんのブログでは本の表紙の画像が見られますよ。

シリーズ4冊あるそうですが、BBC Big Toe Booksで紹介されていた本は2冊、近々3冊めの朗読もあるようですが、私が注文したのは先の2冊。
他の本と一緒に注文したのでまだ届きません。(涙)

The Sword in the Grotto (Araminta Spookie)The Sword in the Grotto (Araminta Spookie)
(2006/08)
Angie Sage

商品詳細を見る

YL:3.5
語数:13000

叔父、叔母と一緒に古い屋敷に住むAraminta Spook。1巻で2人の幽霊と魔法使い一家と一緒に住むことに。
そして幽霊の1人Sr Horaceの500歳の誕生日のプレゼントを探す為に秘密の地下道へWandaと一緒に秘密の地下道へ・・・。

ど?なんの、ど?なんのぉ??。とドキドキしながら読みました。
続編が今年発刊されて3巻確保済み。
続きが気になります。

FrindleFrindle
(1998/02/01)
Andrew Clements

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0
語数:15596

Nickは言葉の起源を学んでいる間にPenをPenと呼ばなくても良いじゃないか、「Frindle」と呼ぼうと言葉を作り出します。
その言葉がいろんな騒動を巻き起こしていきます。
どんな展開になっていくのか、結末は?

最後は児童書らしい終わり方だと思いますが、ちょっとじ?んと来ました。
「辞書好き」ということで、中学の時の国語の先生を思い出しました。
 

翻訳本も出版されているようです。
合言葉はフリンドル! (世界の子どもライブラリー)合言葉はフリンドル! (世界の子どもライブラリー)
(1999/05)
アンドリュー クレメンツ笹森 識

商品詳細を見る

The Golden Wasp (Secrets of Droon)The Golden Wasp (Secrets of Droon)
(2000/06)
Tony Abbott

商品詳細を見る

YL:3.5?4.5
語数:9300

前巻からの続きの話になります。
自分の世界に戻ってきた3人でしたがあるミスに気づきます。
そして戻ろうとしたところ、Ericのお父さんが消えてしまいます。
お父さんの救出、そしてGolden Waspを手に入れたSparrとの戦いの行方は…。

これで手持ちのDroonシリーズ読みきりました。
わりと気に入ったシリーズなので、気が向いたら続巻も読んでみたいかなぁ…と思ったり。

Junie B. Jones and the Yucky Blucky Fruitcake (Junie B. Jones #5)Junie B. Jones and the Yucky Blucky Fruitcake (Junie B. Jones #5)
(1995/09)
Barbara Park

商品詳細を見る

YL:3.0?4.0
語数:7300

久しぶりのJunie B Jones。
今回は幼稚園主催のCarnivalのお話。
景品獲得の為にゲームの練習をします。
さて景品の行方は・・・。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


The Art Lesson (Paperstar Book)The Art Lesson (Paperstar Book)
(1997/05)
Tomie dePaola

商品詳細を見る

YL:1.5?2.0
語数:1014(amazon.comより)

土曜日ということもあって、夕方に仕事を終えあとは自宅で・・・と早めに切り上げて来た昨日。久しぶりに丸善に立ち寄って来ました。
買わなくても必ず絵本のコーナーは覗いて来るのですが、書棚の一番隅っこにあった絵本、バーゲンの表示もないのですがとってもお買い得のハードカバーの絵本を見つけました。
でもこの本は正規のお値段でしたが・・・。amazonとかで探せばもっと安いんだろうなぁ・・・と思いつつ、手に取ったら離すことが出来ずにこれも一緒に3冊購入して来ました。

最近読んだパオラさんの児童書に出てくるエピソードの一部の続きのような内容です。なんと言っても嬉しいのは児童書と違って登場人物がカラーですよ、カラー。家にたどり着くのも待てず、電車の中で読んでしまいました。
児童書の続編のPBを注文してあるのですが、待ち遠しいぞぉ??。

・・・さてさて、休憩終了。

Into the Land of the Lost (The Secrets of Droon)Into the Land of the Lost (The Secrets of Droon)
(2000/04)
Tony Abbott

商品詳細を見る

YL:3.5?4.5
語数:8700

Droonのプリンセスから再びメッセージが来てDroonへ・・・。
今回は死者の国へ・・・。囚われの身になったプリンセスを救え!

アニメとかゲームソフトにしたら面白いだろうなぁ・・・とちょっと思ったりして・・・。

シリーズ7冊目となりましたが、翻訳本はあるのかな?と探してみたら2話が1冊になった本が2冊発刊されていました。
1,2話が収録されている本はこちら
秘密のドルーン (秘密のドルーンシリーズ)秘密のドルーン (秘密のドルーンシリーズ)
(2005/12/09)
トニー・アボット飯岡 美紀

商品詳細を見る

Love You ForeverLove You Forever
(1986/10)
Robert N. MunschSheila McGraw

商品詳細を見る

YL:1.0
語数:600

いろんな立場から読むと、きっと感じることも色々なんだと思います。
途中ちょっとびっくりする場面もありましたが…。
私には母の立場から…というのはないのですが、多分お子さんのいらっしゃる女性が読むと感動もまた大きいのかもしれませんね。

いろんな意味で考えさせられる絵本だと思います。
かわいい、楽しい絵本も好きですが、こういう内容をたくさんのお母さんやそのときは分からなくても子供たちにも読ませてあげたい…って思います。

「すいかちゃんの英語やり直し日記」のすいかちゃんにお借りして読みました。
素敵な本をどうもありがとうございました。
すいかちゃんの記事はこちら

 
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


The Sleeping Giant of Goll (Secrets of Droon)The Sleeping Giant of Goll (Secrets of Droon)
(2000/02)
Tony Abbott

商品詳細を見る
語数:8300

再びDroonへ・・・。
Sparr伯爵とのバトルが激しくなってきます。
青い目のドラゴンやロボットが出てきます。
DroonのプリンセスKeeahのお母さんの謎など・・・先が気になります。


The Great Ice Battle (Secrets of Droon)The Great Ice Battle (Secrets of Droon)
(1999/11)
Tony Abbott

商品詳細を見る

YL:3.5?4.5
語数:7800

仕事が忙しくホントの隙間読書のみになってしまいました。(泣)
語数の長いものはいつ読み終えることが出来るか分からないので、しばらく軽めのものを選んで読もうかと思ってます。
昨日読んだのですが、疲れてしまってUP出来ませんでした。
図書館にゆっくり行く時間も無さそうなので、しばらく絵本もお休みです。

で、久しぶりに手にしたのがSecrets of Droonシリーズの5巻です。
BOXで4巻まで読んで面白かったので追加で8巻まで揃えてありました。
Ericが昼間にSparr伯爵の悪夢に悩まされます。
悪夢ってnightmareですが、昼間のことなのでdaymareと表されていました。私の持ってる電子辞書には載ってないのですが、造語?
地下室からDroonへ、3人の冒険が始まります…。


Fifth Formers of St. Clare's (St. Clares)Fifth Formers of St. Clare's (St. Clares)
(2005/10/03)
Enid Blyton

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0
語数:47000(概算)

おちゃめなふたごシリーズもこれで最後です。
6冊め、ふたごは5年生。
5年生になると大部屋から2人部屋に移ることが出来るようになり、下級生に色々身の回りのことを頼んでしてもらえるようになります。
2人の組み合わせ、もちろんふたごはいつも一緒なので同室。他の同級の組み合わせもシリーズを通して読んでるとフムフムとちょっと楽しめたりします。
今巻は編入して来た新しいクラスメイト以外にフランス娘クローディンヌの妹も下級に編入して来ます。

シリーズを通して登場する人物もいて、それぞれふたごと一緒に成長していきます。毎巻ふたごが主人公というわけではなく、クレア学院のみんなが主役といった感じで話はすすんでいきます。
まだまだキリン読みでちょっと頑張って手を伸ばしたシリーズだったので、またいつか再読をしたいと思います。

Enid Blytonのオリジナルのみ6冊を読んだわけで、話も一応6冊で完結しているのですが、番外編として6年生になったふたごにもちょっと会いたい気もしました。
気が向いたらいつか読むかも・・・。

翻訳本はこちら。

おちゃめなふたごのさいごの秘密 おちゃめなふたごのさいごの秘密
エニド ブライトン、佐伯 紀美子 他 (1986/08)
ポプラ社
この商品の詳細を見る


関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


Cookie's WeekCookie's Week
(1997/06)
Cindy Ward

商品詳細を見る

YL:0.7
語数:94

手元に届くまでパオラさんの絵だとはまったく気付いてませんでした。(汗)
だって、カタログの写真も文字もちっちゃいし・・・。
表紙のネコに惚れて買いました。

Cookieという名前のネコの家での1週間がお話になっています。
短いので何を書いてもネタばれになってしまいます。
はい、かわいいです。

Nodame Cantabile 1Nodame Cantabile 1
(2005/04/26)
Tomoko NinomiyaDavid Walsh

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:6300

Nodame Cantabile 2 (Nodame Cantabile)Nodame Cantabile 2 (Nodame Cantabile)
(2005/07/26)
Tomoko Ninomiya

商品詳細を見る
語数:6450

1巻を買って持っていたのですが、ずっと読まずに温めておりました。
ご縁あって続巻をお借りすることが出来ましたので、現在7巻まで待機中です。

1巻は自分のなので無造作にバックに突っ込んで帰りの電車で読み始めたのですが、もちろん分からない単語あるんですが、そこはMANGA。絵が手伝ってくれます。
途中吹きだしそうになり、これは危険・・・と2巻以降は自宅にて廻りを気にせず読んどります。(笑)
もう面白いですぅ??。
分からない部分を原作の漫画で補いたいところですが、18巻まで発刊さてれいるこの漫画、一気に読みたくなってしまいそうで、さてどうしたもんか。(笑)

関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


On My Way (De Paola, Tomie. 26 Fairmount Avenue Book.)On My Way (De Paola, Tomie. 26 Fairmount Avenue Book.)
(2002/06)
Tomie dePaola

商品詳細を見る

YL:2.5?3.5
語数:9621

26 Fairmount Avenueシリーズ3冊目。
これで手持ちの本は終わってしまいました。
まだ続きがあるのよねぇ?。
う?、読みたい。

この巻もほのぼのと子供の頃の思い出が語られています。
生まれたばかりの妹が肺炎になり心配事もおこりますが、ダンススクールの発表会のこと、海へ行ったこと、花火など楽しい出来事満載です。

Here We All Are (26 Fairmount Avenue)Here We All Are (26 Fairmount Avenue)
(2001/10)
Tomie dePaola

商品詳細を見る

YL:2.5?3.5
語数:8243(amazon.comより)

26 Fairmount Avenueの2巻です。
1巻では新しい家を建てている話でしたが、2巻は新しいお家にいよいよ引越しとなります。1巻の巻頭には主な登場人物が紹介されていましたが、2巻の巻頭は新しいお家の見取り図が書かれています。
幼稚園での出来事、ダンス教室の話、そして妹が生まれるのですがママが妹が生まれた後も退院出来なく辛かった思い出などが書かれています。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


26 Fairmount Avenue (26 Fairmount Ave)26 Fairmount Avenue (26 Fairmount Ave)
(2001/03)
Tomie dePaola

商品詳細を見る

YL:2.5?3.5
語数:7075(amazon.comより)

丸善の洋書バーゲンで見つけて迷わず購入してきた本です。
最近パオラさんの絵本を何冊も読んだばかりだったので、私の中では旬な本だったのです。
パオラさん自身の子供の頃の思い出が書かれています。でもそこは児童書、大人になった彼が話しているのではなく、ちゃんと子供の視線で語られているところが素敵です。
Fairmount Avenueに引っ越す2年間の話がこの本の話。
絵本の話の元になった自身のおばあさんのこと、新しく建てることになった家のこと、竜巻で家が飛ばされたことなど細かなエピソードに分かれ話が進んで行きます。

挿絵はモノクロですが、絵本にあるような挿絵が沢山あるのもうれしい。
シリーズになっているようで、PB版は5巻まで、ハードカバーは6巻まで発刊されているようです。
3巻まで読みましたので順次紹介したいとおもいます。
PB版でいいから続きが読みたいよう。

Claudine at St. Clare's (St Clares)Claudine at St. Clare's (St Clares)
(2005/09/05)
Enid Blyton

商品詳細を見る

YL:4.0?5.0
語数:43000

300万語の通過本です。
「おちゃめなふたご」シリーズ5冊目です。
フランス語の先生マドモアゼルの姪っ子がクレア学園に転入してきます。
「えっ!」と思うようなことを平気でやってしまい、イギリス人もびっくりです。(笑)

翻訳版はこちら
おちゃめなふたごのすてきな休暇 おちゃめなふたごのすてきな休暇
エニド ブライトン、佐伯 紀美子 他 (1985/09)
ポプラ社
この商品の詳細を見る


仕事が忙しくなって来たので読了本の紹介が追いつかないです。(泣)
帰りが遅いので1号も2号もご機嫌ななめ・・・。

Seven Wild Pigs: Eleven Picture Book FantasiesSeven Wild Pigs: Eleven Picture Book Fantasies
(1988/07)
Helme Heine

商品詳細を見る

YL:3.5
語数:1570

お気に入りのHelme Heineさんの絵本です。
「Friends」の続編の話も入ってます。
短い話が11篇は入ってます。
ありそうもない、でもちょっとユニークな話が面白かったです。
表紙の絵がないのが残念・・・。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


Jack and the Monster Jack and the Monster
Richard Graham (1989/03)
Houghton Mifflin (Juv)
この商品の詳細を見る

YL:2.0
語数:712(自己カウント)

「THE MONSTER BED」のようなお話を想像して・・・というか期待して読み始めたのですが、ちょっと違ったようです。

Jackはお兄さんと両親の4人家族。
ある日モンスターが家にやって来た!?
実はそのモンスターとは・・・。



The Long Blue BlazerThe Long Blue Blazer
(1998/07/01)
Jeanne WillisSusan Varley

商品詳細を見る

YL:1.0
語数:450(自己カウント)

女の子が5才のときちょっと変わった男の子がいました。
長い青の上着を着て手も足も短いのに足だけは大きいのです。
何をするときもその上着は脱ぎません。
ある雪の日、その男の子を家に招待することに・・・。

最後のオチが楽しいです。脱がない上着の秘密がわかります。
お気に入りの「THE MONSTER BED」の作者と絵の絵本です。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


Saturday in Paradise (Pocket Puffin)Saturday in Paradise (Pocket Puffin)
(1990/02/22)
Helme Heine

商品詳細を見る

YL:1.2
語数:335(自己カウント)

英語版が無かったのでリンクはドイツ語の本です。
なんともスケールの大きなお話しで「天地創造」が話の内容です。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


The Pigs' WeddingThe Pigs' Wedding
(1986/12)
Helme Heine

商品詳細を見る

YL:0.5
語数:980
ぶたちゃんのPorkerとCurlytailの結婚式です。
まだ準備が出来てない汚れたままのみんなを集めてシャワーをあび、衣装代わりにボディペイントを・・・。

ぶたちゃんの話、けっこう好きかも。(笑)
ほのぼのとしたよいお話でした。
新郎と新婦の鼻でキスしてる絵がなんともかわいくて思わず顔がほころんでしまいます。
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。