FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のまとめ

1日遅れましたが4月のまとめです。
今月250万語通過しました。相変わらずの2ヶ月50万語のペースです。

読んだ語数:261437
読んだ本の数:22冊

総語数:2543452

内訳
YL:0-2・YL:1-5・YL:2-7・YL:3-4・YL:4-3・YL:5-1
児童書:7・絵本:13・GR:1・YA・PB:1

今月はあまりペース良く読めませんでした。26万語とありますが、約5万語は先月読んだもの。
10万語超えのPBにチャレンジし、読了したのが月を越えて今月になった為です。
仕事で残業が多く疲れてしまって読めない日もあったりしました。
何が何でも1ヶ月これだけは読まなければ・・・という目標を立ててる訳ではないし、停滞してるのとは違うので、こんな月があってもいかな・・・と思います。

今、Lily Quenchというシリーズを読み始めて3巻を読んでるところなのですが、好きなジャンルとはいってもちょっと手ごわく、いつもの読書スピードの半分くらいしか出ていません。
SSSの書評とamazon.comにあるText Statsのデーターのあるものは参考にしているのですが、そちらのデーターでいくとReadabilityは同じくらいのYLのデーターより若干高めなので読み辛く感じてももっともだったのかな、と思います。
でも先が気になるこのシリーズ、また再読すればいいのだし、今の私の力で最後まで読み進められればいいかぁ・・・と思います。

今読んでる3巻はこちら。
Lily Quench and the Treasure of Mote Ely (Lily Quench)Lily Quench and the Treasure of Mote Ely (Lily Quench)
(2004/04)
Natalie Jane Prior

商品詳細を見る
スポンサーサイト
関連記事

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術


Kenny's WindowKenny's Window
(2002/12)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

YL:4.0
語数:4153(Amazon.comより)

翻訳本タイトル「ケニーのまど」だそうです。
amazonの翻訳本の書評に書いてあったものに「センダックが初めて出版した自作の絵本」とありました。
そこにも書いてありますが、絵本にしては長いです。絵も少なめです。
文化的宗教的背景というのは私にはわかりませんが、非常に分かり辛く難しい絵本でした。
翻訳本はこちら。
ケニーのまど / モーリス・センダック、神宮 輝夫 他


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。