Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zack Files 27: My Teacher Ate My HomeworkZack Files 27: My Teacher Ate My Homework
(2002/08/26)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.8
語数:5536

シリーズ27冊め。

代理教師の先生の動向がちょっと怪しい。
もしかして狼人間かも…。
友達と一緒に探ることに。

奇想天外な出来事が普通のことのように対応してくれるお父さんや担任の先生が頼もしいです。
毎度のことですが最後の結末が面白いですね。

スポンサーサイト

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 26: Me and My MummyZack Files 26: Me and My Mummy
(2002/04/15)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6165

今回も面白かったです。

Zackくん26巻。
アパートの地下の倉庫で見つけた棺の中にミイラが。
おまけに動き出したぁ~~~。
びっくりして逃げ出したZackくんでしたが、夜にZackくんの部屋に現れます。

突っ込みどころ満載のシリーズなのですが、いつもながら上手くまとまって話が終わるのには感心しちゃいます。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 25: Trapped in the Museum of Unnatural HistoryZack Files 25: Trapped in the Museum of Unnatural History
(2002/02/18)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5375

課外授業で博物館を訪れたZackくん。
はぐれてしまった上そこから出られなくなってしまったZackくんでしたが・・・。

恐竜の骨格見本は出てこないけど、代わりにマンモス登場。
ちょっとだけナイトミュージアムっぽい感じです。
児童書にネアンデルタール人とか登場する設定ってよくある気がする?

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 24: My Grandma, Major League SluggerZack Files 24: My Grandma, Major League Slugger
(2001/12/31)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6981

Zackくんのシリーズも24巻となりました。ちびちび読んでましたけどもうちょっとで終わりです。
摩訶不思議体験体質(笑)なZackくん。

今回は直接Zackくんが体験するのではなくZackくんのおばあちゃん。
ありえない展開がZackシリーズの楽しいところですが、今回は実在の人物が現れます。
野球はあまり関心がないので、私にはいまいちだったかな。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 23: Greenish Eggs and DinosaursZack Files 23: Greenish Eggs and Dinosaurs
(2001/10/15)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6623

おとうさんの誕生日に買って来た”タマゴ”が騒動を起こします。
以前にも怪しいものを買って大変なめにあったはずなのに、懲りないZackくんであります…。(笑)

毎度裏切られることのない面白可笑しいZackくんのシリーズです。
全30巻、残りが少なくなって来てちょっと寂しくなってきました。


久しぶりのブログ更新、読了本です。
忙しいのと、気候の変化について行けず、本を読む気力が沸いてこない感じです。
何にもせずに通勤電車に乗ってるのも退屈なので、もっぱらPodcastの聞き流しとか、易しいオーディオブックの聞き流しとか、聞いてても聞いてなくても…ってところでしょうか。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 22: This Body\\\'s Not Big Enough for Both of UsZack Files 22: This Body\\\'s Not Big Enough for Both of Us
(2000/10/23)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6411


Zack Filesシリーズ22冊目。

ここのところ忙しいのもあって長いものが読めないので、手軽に読みきれるこのシリーズばかり読んでます。
毎度Zackくんの摩訶不思議体験が面白くって退屈しないんですよね。
前登場でおなじみのキャラクターも登場して楽しかったです。

今回は新しく出来た蝋人形館のオープニングセレモニーに連れて来てもらったZackくん。
そこで招霊?交霊会に参加したZackくんにある霊が入って来てしまいます。
わがままな霊に振り回されるZackくんでしたが・・・。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 21: Don\\\'t Count on DraculaZack Files 21: Don\\\'t Count on Dracula
(2000/10/09)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6861

Zack Filesシリーズ21冊目。

ドラキュラ映画のイベントで優勝したZackとSpencer。
憧れのドラキュラの俳優と食事する権利を獲得します。
喜んで出かけたのですが・・・。

ドラキュラの訛りがちょっと読みづらいかも。
今回も楽しかったです。
退治されたその後もちょっと笑えました。
Zackくんの血液型ってちょっと珍しいらしい。だから不思議体験体質なのか?(笑)

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 20: How I Went from Bad to VerseZack Files 20: How I Went from Bad to Verse
(2000/07/24)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.3
語数:6266

Zack Filesシリーズ20冊目。
全30巻の2/3読了したことになります。

話す言葉が全部詩になってしまい、風船のように体が浮き上がり、おまけに肌の色が青くなってきちゃったZackくん。
ここまで来るとちょっとやりすぎでしょう。(笑)

作中に「Little Boy Blue」というのが出てくるのですが、たしかマザーグースに出てくるキャラクターだったような?
日本ではいくつかなじみのある有名な詩というか子供の頃だれでも歌ったことがある歌とかありますが、それがマザーグースだとは知らないことが多いですよね。
英語圏の子供たちにはもっと馴染みのあるものなんでしょうね。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 19: The Boy Who Cried BigfootZack Files 19: The Boy Who Cried Bigfoot
(2000/06/19)
Dan Greenburg、Jack E. Davis 他

商品詳細を見る

YL:2.7
語数:7484

Zack Filesシリーズ19冊目。

Zackくん、親友のSpencerと一緒にサマーキャンプに参加することになり、そこでBigfootの話をきかされます。
やはりただでは済まないZackくんは・・・。

ちょっと心優しいZackくんでありました。 

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 18: How I Fixed the Year 1000 ProblemZack Files 18: How I Fixed the Year 1000 Problem
(1999/12/06)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6665

Zackくんシリーズ18冊目。

歴史の宿題の為に図書館に来たZackくん。
バランスを失いパソコンの上に落ちたはずが1000年前の999年にタイムスリップをしてしまいます。

この本が出版されたのは1999年。
当時はパソコンなどの2000年問題なんていうのもありましたよね。
私は読んだことがないのですが、「Dragon Slayers'Academy」という児童書の中のキャラクターなんだそうです、タイムスリップ先の中世の時代の登場人物って。

原書は今月20巻が、邦訳は18巻まで刊行されているようです。
「積読本を減らそう」なので、邦訳を図書館で借りて読んでみようかな。
面白かったらkindole版も揃っているようなので、iPodで読めばいいか。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 17: Yikes! Grandma\\\'s a TeenagerZack Files 17: Yikes! Grandma\\\'s a Teenager
(1999/11/08)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5995

Zackくんシリーズ17冊目。

ZackのおばあちゃんがNYにやってきました。
空港で探知機のトラブルに合い、やっとZackとパパの自宅へ。
翌朝起きて来たおばあちゃんの様子がちょっと違う。
さらに翌朝…。

Zackくんにしか不思議体験は無いかと思っていたのですが、この体質って遺伝?だったのか。(笑)
どんどん若返るスピードが増していって、Zackより若くなってしまっいます。
元に戻れるかドキドキでした。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 16: Evil Queen Tut and the Great Ant PyramidsZack Files 16: Evil Queen Tut and the Great Ant Pyramids
(1999/07/19)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6797

Zackくんシリーズ16冊目です。
今回は友だちのダイエットパウダーを食べ過ぎて蟻んこの大きさまで縮んでしまいます。
そして蟻の世界へ・・・。

毎度のことですが、つっこみどころ満載なところがこれ又面白いところだよね。
摩訶不思議な体験をしつつ、今回は蟻の生態と古代のエジプトまで学べてしまうし(笑)


テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 15: Hang a Left at VenusZack Files 15: Hang a Left at Venus
(1999/07/05)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5594

Zack Filesシリーズの15冊目。
これでシリーズ丁度半分まで来ました。

今回はZack君宇宙人と遭遇!
登場人物にX-ファイルのあの2人が登場します。(笑)
挿絵もそんな風に描かれてます。
でもって、燃料切れの宇宙船の燃料が、XXXなんですよ。(爆)

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 14: Elvis, the Turnip, and MeZack Files 14: Elvis, the Turnip, and Me
(1998/11/09)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.7
語数:6057

Zack Filesシリーズ14冊目。

相変わらず不思議体験体質のZackくん。(笑)
真夜中に冷蔵庫から歌声が。
冷蔵庫を開けてみたらなんとエルビスプレスリーそっくりの歌う蕪。

毎度のことながら発想のユニークさには脱帽です。
ところで実際のエルビスプレスリーってあんなに訛ってたの?
さすがにエルビスの曲まではよく知らないので、その辺知っていたらもっと楽しめたかも。 

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 13: The Misfortune CookieZack Files 13: The Misfortune Cookie
(1998/09/08)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:7149 

Zackくんシリーズ13冊目。

お父さんとチャイニーズレストランに行ったZackくん。
そこでフォーチュンクッキーの占いでこれから悪いことが起こるとあります。
気になって友達のSpencerくんと占い師に会いに行くのですが…。

ぷぷぷっ。
相変わらず楽しませてくれるよね、Zackくん。
今回はいつもとちょっと違うような…と思って読んでいたのですが、やっぱり不思議体験体質のZackくんでした。(笑)

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 12: Now You See Me....Now You Don\\\'tZack Files 12: Now You See Me....Now You Don\\\'t
(1998/03/23)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:6787

Zackくんシリーズ12冊目。

友人の天才少年Spencerと一緒にCreate-an-Ice-Cream-Flavor Contestに参加したZackくん。 
決勝戦出場の知らせを受け取ったZackくんはSpencerに知らせに行くのですが、そこで間違ってSpencerの作った「disappearing ink」入りのレモネードを飲み、透明になってしまい…。

透明人間になってしまうなんて。(笑)
いろんないたずらを考えてしまいそうなんですが、そうはならないのがZackくんのいいところかな。
周りの反応が面白いよね。

過去のエピソードもちょっぴり登場するので、順番に読んだほうが楽しめるかも。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 11: How to Speak to Dolphins in Three Easy LessonsZack Files 11: How to Speak to Dolphins in Three Easy Lessons
(1997/12/29)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.1
語数:6856

Zack Files シリーズ11冊目です。

今回のZackくんは、お父さんとフロリダにやって来ます。
そこで出かけたDolphin WorldでZackくん、なんとイルカと話をすることが出来てしまうんです。

色んな摩訶不思議体験をしてるZackくんだから何でも有りでしょう。(笑)
そこで遭遇したイルカの誘拐事件。
イルカと会話できる力を使って事件解決に一役かうことになりました。
ハッピーエンドでめでたしめでたし。

今回も楽しかったです。


テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 10: Bozo the CloneZack Files 10: Bozo the Clone
(1997/08/04)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.9
語数:6713

Zack Filesシリーズ10冊目。

摩訶不思議なZackくんシリーズ。今回はZackくんのクローン登場です。
見た目はまったく同じだけどスーパーZackくんなんです。
それに食べ物もお風呂にも入らなくて良くて、たまにキットカット(笑)をあげるだけでいいのです。
ただし、注意書きがあってピーナッツはダメ。
禁止されてるピーナッツあげてしまうとどうなるんでしょうね。
今回も笑わせていただきました。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 09: The Volcano Goddess Will See You NowZack Files 09: The Volcano Goddess Will See You Now
(1997/05/19)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.6
語数:6444

Zack Filesの9巻です。
ライターのパパの取材旅行に同行し、ハワイにやって来たZackくん。
相変わらずの摩訶不思議なお話のこのシリーズ。
今回はキラウェア火山の女神様が登場。

こんな女神様なんて…イメージ崩れるなぁ。(笑)


テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 08: My Son, the Time TravelerZack Files 08: My Son, the Time Traveler
(1997/04/14)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.6
語数:5474

Zack Filesシリーズの8巻です。

摩訶不思議なシリーズ。
今回はタイムトラベルでやって来たZackの息子が登場。(笑)

大好きな野球選手のレアなトレーディングカードをやっと手に入れられると、嬉々として買いにいったら一足遅く購入された後だった。
あきらめ切れず購入した人物の後を追いかけたら実は未来から来た自分の息子だった!

今回もとっても楽しかったです。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 07: Never Trust a Cat Who Wears EarringsZack Files 07: Never Trust a Cat Who Wears Earrings
(1997/03/17)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.5〜3.5
語数:5984


4年半ぶりの再読です。
話は…すっかり忘れてました。(笑)

話もちょっとへんてこだけど、イラストもいい味出してそれを手伝ってるよね。
ネコのひげって…あんなところから生えてないし。

元に戻れなくなるのは困るけど、ちょっとだけなら私もネコに変身したいかも。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 06: I\'m out of My Body...Please Leave a MessageZack Files 06: I\'m out of My Body...Please Leave a Message
(1997/02/24)
Dan Greenburg、Jack E. Davis 他

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5030

Zack Filesシリーズ6巻です。

友達が古本屋で見つけたという幽体離脱のやりかたが書かれた本を持ってZackの家に泊まりに来ます。
さっそく2人で試してみると…。

自分の体に戻る方法を読まずに試したために戻り方が分からない…なんてZackらしい展開ですよね。

こんな調子で30巻続く…と思うと先を読むのが楽しみ。
通勤の片道だけでサクッといけるのも手軽でGoodです。
  

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 05: Dr. Jekyll, OrthodontistZack Files 05: Dr. Jekyll, Orthodontist
(1997/01/13)
Dan Greenburg、Jack E. Davis 他

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5200

Zack Filesシリーズ5巻。
歯科矯正に行ったZack。
なんだかちょっと怪しい先生。歯列矯正してるはずなのに治ってない?
前回訪れたときに待合室で会った女の子の歯は明らかに今回の方が曲がってるんじゃない?
治療に疑問を抱いたZackは…。

歯医者って一番苦手。
読んでいて歯が痛くなってきそうです。
しかし、どんな発想からあんな展開が生まれてくるんでしょうね。予測不能です。
今回も面白かったです。


テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 04: Zap! I\\\'m a Mind ReaderZack Files 04: Zap! I\\\'m a Mind Reader
(1996/08/06)
Dan Greenburg、Jack E. Davis 他

商品詳細を見る

YL:2.5
語数:5086

人の考えていることが読めるようになってしまったZack。
テスト中に答えなんか分かってしまってちょっとラッキー。(笑)
しかしとんでもないことまで分かってしまい…。

暑くてダレてしまって、何も考えずに読める楽しい話がイイかな…なんてところでZackシリーズを手にとってみました。


※サーバーメンテナンスは終了しているようですが、上手くいってないようでジャンルのテーマが選べないようです。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 03: A Ghost Named WandaZack Files 03: A Ghost Named Wanda
(1996/08/06)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

YL:2.8
語数:5268(出版社提供)

ある朝、目覚めてみるといつも散らかってはいるけど、さらにも部屋はめちゃくちゃな状態に。
ダイニングに行ってみたらやっぱり同じだった。
ポルターガイスト?

怪現象をいっしょに体験できるお父さんがちょっといいかも。(笑)
「Wanda」って名前、幽霊とかの名前に使うこと多いの?

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 02: Through the Medicine CabinetZack Files 02: Through the Medicine Cabinet
(1996/08/06)
Dan Greenburg、Jack E. Davis 他

商品詳細を見る

YL:2.8
語数:4903(出版社提供)

Zack Filesの2巻です。
洗面所のメディシンキャビネットからパラレルワールドに迷い込んでしまうZack。
そこにはZekeという名のZackにそっくりの男の子が・・・。

1巻同様、最後のオチが”GOOD”です。



書店の児童書のコーナーでそれらしき本を見かけた気がしたので検索してみたらやっぱりありました。
原書の刊行順ではないですが、翻訳版が7冊ありました。
子供の頃こんな楽しい本があればもっともっと沢山本読んでたでしょうね。
翻訳版の出版社のメディアファクトリーのこの本の詳細を開いて初めて知ったのですが、本国アメリカではドラマ化されているらしいです。
ちょっと観てみたいなぁ?。

ザックのふしぎたいけんノート ひいおじいちゃんはねこ?ザックのふしぎたいけんノート ひいおじいちゃんはねこ?
(2010/03/17)
ダン・グリーンバーグ

商品詳細を見る


テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Zack Files 01: My Great-grandpa\\\'s in the Litter BoxZack Files 01: My Great-grandpa\\\'s in the Litter Box
(1996/08/06)
Dan Greenburg、Jack E. Davis 他

商品詳細を見る

YL:2.7
語数:5481

再読をしつつ、シリーズで読もうと1巻を手に取りました。
どんだけシリーズを読み散らかせば気が済むのか…っていうのは考えないことにして。(笑)

何時読んだのか?と自分のブログを検索してみたら丁度4年前でした。
けっこう苦労したようです。
今回は細かなところも読み拾えたようです。
「へぇ?」ってなところがありました。
同じレベルの児童書とはちょっと雰囲気が違うんですよね。
MTHやA to Zのシリーズのほうが断然読みやすいと思います。

冒頭以外すっかり忘れていたので楽しんで読むことが出来ました。
結局読み辛かったのがトラウマになってもう1冊読んで手付かずだったようです。
表紙を眺めてみるだけでも楽しそうなこのシリーズ、気分転換にボチボチ読みたいと思います。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


Great-Grandpa's in the Litter Box (Zack Files) Great-Grandpa's in the Litter Box (Zack Files)
Dan Greenburg (1996/08)
Grosset & Dunlap
この商品の詳細を見る

YL:2.5?3.5
語数:5481

Never Trust a Cat Who Wears Earrings (Zack Files) Never Trust a Cat Who Wears Earrings (Zack Files)
Dan Greenburg (1997/03)
Price Stern Sloan
この商品の詳細を見る

YL:2.5?3.5
語数:5984

このレベルの本にしては難しいと言われていたのでなかなか読めずにいたのですが、やっと読むことにしました。
ネコの表紙のものを2冊。1巻は丸善のバーゲンで偶然見つけて購入しました。

1巻はネコを飼えることになったZACKがペットショップに行きます。すると話し掛けてくるネコに出会います。なんとそれは曾おじいさんだというのですが・・・。

7巻は授業で博物館を訪れたZACK。そこでネコに引っかかれて体が次第にネコになっていってしまいます。元に戻れるのか?

と、そんな変てこな話。
分からない単語連発でちょっととっつきにくかったですが、それなりに楽しめました。(苦笑)
YL:2.5?3.5とありますが、部分的には3.5が正しいと思う・・・。

テーマ:洋書多読 - ジャンル:学問・文化・芸術



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 hanazoの英語ちゃれんじ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。